レインボーコーンの種

遺伝子組み換えではなく、古来からアメリカの原住民によって伝えられている古代種です。 青い種を蒔いてもどのように発色するか分からない学術的にも不思議なトウモロコシです。 主にポップコーン用のフリントコーンで、「モチキビトウモロコシ(=デントコーン)」とは品種が異なりますので類似品にご注意ください。 

「レインボーコーン」は弊社の商標登録(第5797666号)です。 他社で「レインボーコーン」として販売されている場合には、ご連絡願います。

生のレインボーコーンはこちらで販売しています。
http://www.marcheaozora.com/?pid=86933422

【サイズ比較】
レインボーコーン: 7〜15cm
ラージレインボーコーン: 15〜20cm
ジャイアントレインボーコーン: 20〜25cm

和名: レインボーコーン、虹色トウモロコシ、七色トウモロコシ、グラスジェムコーン、ジュエリーコーン
英名: Rainbow Corn、Glass Gem Corn、Jewelry Corn
学名: Zea mays

産地: カリフォルニア州・アメリカ
形態: イネ科トウモロコシ属、一年草
分類: 固定種
草丈: 2.8〜3.3m
収穫: 100〜110日
種まき: 3〜7月
発芽適温: 13〜30℃
発芽率: 95%
プランター栽培: 不可
実の大きさ: 7〜15cm
連作障害: あり
栽培難度: Level 1

【栽培方法】
一般的なトウモロコシの栽培方法と同じです。 
参考サイト: http://www.toumorokoshi.net/cultivation.html

ただし、一般的なスイートコーン(1.5m)よりも大きく育つ(3m)ので、肥料・追肥は1.5〜2倍の量をあげてください。 収穫の30日前に3mまでに成長している必要があります。 丁度その時期に「十分な日照時間、水分、養分(追肥)」があれば実が大きく育ちます。 芽かきする場合には、2本残すのが丁度良いです。

【ほ場】
トウモロコシは比較的適応性が広い作物で、畑をそれほど選びません。 虹色トウモロコシの栽培方法は、一般的なトウモロコシと同じです。 堆厩肥や緑肥を施して排水性・保水性・保肥性を兼ね備えた健全な畑を維持します。 肥料は窒素、リン酸、カリそれぞれ10a当たり25圓鯢現爐箸靴泙后 窒素分については1/2を元肥、残り1/2を追肥として施します。 

【栽培密度】
栽植密度は地域や栽培型によっても異なりますが、10a当たり4,200株(畝間80〜90僉株間27〜30僉砲目安となります。

【播種】
発芽そろいをよくするには、地温が13℃以上を確保してから1穴2〜3粒蒔いてください。 温度だけでなく適度な土壌水分も発芽に影響するので注意が必要です。

【注意事項】
例えばスイートコーンに虹色トウモロコシの花粉がかかると、スイートコーンの甘味が落ちてしまいます。 これを「キセニア現象」といいます。 スイートコーンと隣合わせに、別の種類のとうもろこしを栽培することは避け、最低でも100m以上離してください。

レインボーコーンは、成熟してから発色する特性があります。 色が着いてから粒は大きくなりません。 皮を捲って、まだ発色が不十分な際には、再び皮を被せて常温で保管してください。 1〜3日で発色します。

【利用方法】
ポップコーン、オーナメント、食用。 食用として利用する場合には、ポップコーンですので粒が硬くなる特性があります。 圧力釜で火を通して柔らかくしてください。 コーンポタージュスープ、サラダのトッピング、とうもろこしご飯などに使えます。

ポップコーンにしても中身は白色です。

【納期】
2〜10日以内に出荷します。
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒3000粒5000粒
型番 RainbowCornSeeds
販売価格
660円(本体600円、税60円)
購入数
オーダー
  • mumu
  • 30代
  • 女性
  • 2020/08/12 12:07:44
まるで宝石のようなコーン
今年初めて畑を始めました。トウモロコシ栽培も初めてのど素人です。

3月22日にポットに種をまき、4月初めには芽が出始めて、4月19日に畑に定植しました。高さ15センチほどの畝に2条植えしました。

木村式自然栽培の本を参考にして、窒素補給のため隣にダイズの畝を作り、無農薬・無肥料、除草もあまりせずに育てました。

説明に書いてあった3メートルの高さには遠く及ばず、1.5メートルくらいにしかなりませんでしたが、でも元気に育ってくれて、小さいですが無事に実がなり、7月30〜8月12日頃に随時収穫しました。

皮をむいてみると、まるで宝石のように美しい粒が並んでいて、とても感動しました!
黄色一色のコーンもありましたが、黄色い粒に濃いオレンジのストライプが入っていて、本当に美しいです。

うまく受粉できなかったようで、まばらになってしまったりもしていますが、それでも私としては大満足です。

今度はもっとうまく育ててあげたいです。
もう既に来年が待ち遠しいです。
今回できたレインボーコーンは観賞用に飾りたいと思います。
一つぐらいは食べてみようかな♪
ショップからのコメント
成長期に1日の日照時間が6時間あり、十分な水分があれば3mは超えます。 小さくても種子を残そうと頑張るので実はつけます。(2020/09/02 16:02:57)
  • 梅ヶ枝
  • 20代
  • 男性
  • 2020/07/10 23:25:06
芽出しがうまくいかなかった
前々から気になっていたので試験的に購入しました。
東京都東部(気象庁気象データ「江戸川臨海」要参照)で、5/15に9cmポットとセルトレイにそれぞれ播種しました。
比較対象として、キャンベラ90EXを同様の条件で播種しました。

播種後10日経過後、キャンベラ90EXは80%程度発芽し、レインボーコーンはうまく芽が出てくれませんでした。発芽した株を観察したところ、若干植え付ける深さが浅かったような気がします。
水は1日1回早朝6:00〜7:30にあげていました。

考えられる可能性として、
‥擇良縮未乾燥したらあげるような形であったが、水の過不足があった。
播種後最低気温が15℃以下に低下した日が2〜3日程度あったため地温が下がってしまった。
E着後、常温暗所で保管していたが、その際に何らかの休眠状態になって発芽率が落ちた。
ぅャンベラ90EXの種子はいわゆるトウモロコシの粒がしおれた状態であったことから種子の形態が違うと考えられる。そのことから何か前処理が必要であった。
の以上、四点が考えられますが、要検証です。

次回(来年)は茨城県南西部でビニールハウスにて検証してみようと思います。

届いた種の色がとてもきれいだったので、次回の栽培の成功への期待を込めて☆6とします。

  • はっしぃ
  • 40代
  • 男性
  • 2019/12/07 09:36:18
きれいに色がつきました。
普通のトウモロコシと同じように追肥して。。。。と考えてましたが、いそがしくてできませんでした。
そのため、若干こぶり&先端に実がつかないものもありましたが、ほとんどほったらかしでもきれいな色ができました。
>