レッドピキンペッパーの種

ピキンペッパーはメキシコでは定番の品種です。 日本でピキンペッパーの種子を販売しているのはマルシェ青空だけです。

熟すると赤くなるとともに、旨みと辛さが増します。 成熟するとハラペーニョ(5,000スコヴィル)の28倍辛い14万スコヴィルになります。 柑橘類、燻製、ナッツのような風味があるので、エスニック料理との相性は抜群です。 メキシコでは辛さがまだ控えめな青いうちに収穫して、サルサソースの原料にします。 アメリカやメキシコではピックルスを作る際にも使用されます。 お好みの時期に収穫してください。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫されたトウガラシを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: レッドピキンペッパー
英名: Red Pequin Pepper
学名: Capsicum annuum

スコヴィル: 14万以上!

原産国: ティファナ・メキシコ
形態: ナス科トウガラシ属、一年草
草丈: 50〜100cm
種蒔き: 3〜8月
栽培期間: 70〜90日
発芽適温: 23〜30℃
発芽率: 84%
収量: 60〜100個/株
ベランダ栽培: 可能
連作障害: あり *2〜3年空ける
栽培難度: Level 1

【注意事項】
「失明」しますので、種および収穫物の取り扱いにも十分注意してください。 収穫された唐辛子の調理や加工の際にも「ゴーグル」と「手袋」は必須です。 何が起こっても弊社は責任は負いませんので予めご了承願います。

【栽培方法】
一般的なトウガラシの栽培方法と同じです。 発芽温度が若干高いので、八重桜が開花してから播種してください。 発芽まで最大2週間かかります。 ピキンペッパーは、平均気温が10℃なら年中栽培可能です。

以下のサイトが充実しています。
参考サイト:
http://www.yasashi.info/to_00003g.htm

【辛くする方法】
1)チッソ、リン酸、カリといえば植物の葉・花・茎を成長させる肥料の成分ですが、リン酸と唐辛子の辛みには深い関係があります。 リン酸は花や実を充実させるために肥料成分であり、リン酸の施肥量が増えるにつれ辛みも増します。
2)唐辛子は栽培環境を過酷にしてストレスを与えることにより辛みが増します。 水の量を加減を見て少なくしてみたり、肥料量を減らしたりストレスを与えることによって唐辛子は何とかして生き延びよう、子孫を残そうとします。 実の数も減らしタネの量も少なくなります。 タネが少なくなると辛くなるとも言われています。

【納期】
2〜8日以内に出荷します。
20粒50粒100粒300粒
型番 RedPequinSeed
販売価格
990円(本体900円、税90円)
購入数
オーダー
  • DARUMA
  • 40代
  • 男性
  • 2017/09/16 11:23:59
レッドピキンペッパーの失敗
ペッパーは成長しきらない内から枯れてしまい、栽培失敗でした。
原因の一つは高温障害と思われます。
ベランダでは45℃〜50℃を超える日が続き、水分補給が間に合わなかったことが考えられます。
来年は、2月頃から加温気を使い、春までには苗をしっかりしたものにして、栽培をしていきたいです。
  • DARUMA
  • 40代
  • 男性
  • 2016/12/01 19:27:25
レッドピキンペッパーの簡易式ビニールハウスを使用した播種計画
ナス科の種子の播種計画を2月からのトロ箱を使用た発芽・生育を促進する予定でしたが、
簡易式ビニールハウス(40x70x150) を購入したので、
そちらを優先的に使用しての発芽・生育に専念してみたいです。
播種計画は1月後半から2月にかけ、気温等を監視しながらしていこうと考えています。
今回は失敗しないように管理をしていきたいです。
  • DARUMA
  • 40代
  • 男性
  • 2016/11/04 19:09:54
レッドピキンペッパーの生育失敗反省
レッドピキンペッパーの播種計画と唐辛子類の発育失敗の反省

唐辛子類の種子は9月〜10月にかけ、室内で発芽は成功しました。
しかし11月にはいってからの急激な気温低下により、室内温度のコントロールが難しくなり、ほとんどの苗が落葉もしくは枯れて
しまいました。そのせいで貴重な種子もなくんり再購入した品種もあります。次回の播種は2月中旬にトロ箱を用いて室内での発芽、
生育をしていこうと思います。ちなみに工夫次第ではナス科の種子、特に唐辛子の種子でも発芽はかのですが、生育を促すには常時
25℃〜30℃程度を維持する装置等が必要かと思います。
その場合は費用的にもかなりの出費が必要かなと思います。

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています

>