モリンガの種

モリンガは別名「ミラクルツリー(奇跡の木)」とも呼ばれており、人や動物にとって大切なさまざまな栄養素が豊富に含まれています。 特にビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが魅力で、近年、アンチエイジング効果が注目されている、ポリフェノールは、なんと赤ワインの8倍です。

他にも、
アミノ酸は米酢の97倍
鉄分はプルーンの82倍
ビタミンEは卵の96倍
カルシウムは牛乳の16倍
食物繊維はレタスの28倍
葉酸はホウレン草の4.6倍
などなど…

これだけ優秀な栄養成分を豊富に含んでいる植物は本当に珍しく、その高い栄養価と効能から海外では「緑のミルク」「生命の木」と呼ばれています。

和名: モリンガ
英名: Moringa
学名: Moringa oleifera

形態: ワサビノキ科、ワサビノキ属、常緑多年草
草丈: 2〜10m
発芽率: 75%
原産国: インド
ベランダ栽培: 可能
耐寒温度: -10℃
種まき: 5〜10月
発芽適温: 22℃
栽培難度: ★★   
株間: 5〜10m
連作障害: なし

【栽培方法】
■芽出し
発芽の適温が20℃以上なので、桜が散るまで待ったほうがベターです。 最初の10cmまでが最も難しいです。 種を1粒まいたら、土を2cm位かぶせて、お水はいつも湿っている感じにしてください。 プランターに台所で使うラップをかぶせて、輪ゴムでとめると芽が出やすくなります。 芽が出るまで1週間〜2週間くらい待って、お部屋の中の日光が良く当たる暖かい場所で育ててください。 芽が出てきたらラップを外し、1日1回朝に水をあげて下さい。ただし、水は土が乾いている時だけあげるようにしてください。 

■育てる場所・土
肥料は小さいうちは種の栄養で育ちますから、必要ありません。 大きくなってからで大丈夫です。 30cmくらいに育ったら、大きめの植木鉢に植え替えをして新しい土と肥料をあげて下さい。 その際、根っこを傷つけないように土をつけたまま植え替えをするようにお願いします。 また、高さが大きくなったら先端を切り、高さを調節してください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにします。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。 庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土をカリカリに乾かさない程度に水を与えましょう。

■冬越し
室内の暖かく明るい場所で管理し、冬は水を極力控えてください。 葉は落ちますが、冬越しでき、春になるとまた新しい芽が出てきます。

■増やし方
挿し木(水挿し)で増やすのがとても簡単です。

【利用】
モリンガのレシピはクックパッドにもあります。 モリンガ茶の作り方は「モリンガ利用方法」などで検索してください。 葉っぱなどをハーブ代わりにサラダに使ったり、グリーンスムージーとしてお召し上がりください。
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 MoringaSeed
販売価格
600円(税込648円)
購入数
オーダー
  • さんたい
  • 50代
  • 女性
  • 2017/09/18 10:28:46
手間いらず
ベランダ栽培  急に気温が下がって発芽適温だったので慌てて蒔いてみました。気をもむ事無く発芽 収穫が楽しみです。種も沢山入っていたので お友達や母とシェアしました。手間いらずで喜んでもらえましたよ♪
  • 太郎
  • 50代
  • 男性
  • 2017/08/09 15:40:05
発芽しました。
8月7日に、種蒔きをしました。
ある程度湿度が、必要とのことでしたので、
容器に水をはり、発芽専用の用土をジフィーポットに入れ
容器に入れて、ある程度水分を吸収したところで、
種を撒き、発芽するまでに、カビが生える可能性が、あるとの事だったので、霧吹き用の水に、オキシドールを何割か入れました。
ある程度、発芽まで時間が掛かるだろうと思っていたところ、今朝見たら見事に発芽していました。
ある程度まで、大きくならないと、苗が安定しないとの事なので、
油断しないように、成長を見守りたいとおもいます。
モリンガは、栄養価が高いとの事なので、成長が楽しみです。
また、耐寒温度も耐えるので、露地で育てても、冬の管理が楽なのも魅力的だと思います。
こんなに早く、発芽するとは思っていなかったので、早速投稿することにしました。
ショップからのコメント
生命力が旺盛で、日光浴が大好きです。 夏場はスクスク育つので、観葉植物としても愛用されています。(2017/08/13 01:40:11)
  • 猫髭
  • 50代
  • 女性
  • 2017/08/06 17:06:52
モリンガの種が発芽
去る7月30日に一緒に購入した『玄米酵素アミノ酸』を薄めた水をティッシュに湿らせて丁度一週間、やっと芽が出ました!
これから鉢に植えます。
>