黒落花生(ブラックピーナッツ)の種 *半立ち性

ラッカセイはマメ科の野菜で、花が落ちた部分から弦が伸びて地中に実がなることから「落花生」と呼ばれています。 ラッカセイの楽しみは何と言っても収穫の時、掘り出した房に沢山の莢が付いているのを見るのは最高です。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: 黒落花生、黒ピーナッツ
英名: Black Peanut
学名: Arachis hypogaea

品種: 半立ち性
見た目は這い性の豆と同じで、どちらも美味です。 半立ち性のほうが栽培管理が容易です。

産地: 千葉県
形態: マメ科ラッカセイ属、一年草
種別: 固定種
ベランダ栽培: 可能 (深型60cm以上)
種蒔き: 5〜6月
栽培期間: 5〜6ヶ月間
発芽適温: 13〜20℃
発芽率: 92%
生育温度: 25〜28℃
株間: 15〜20cm
条間: 30〜50cm
栽培難度: ★★

【栽培方法】
一般的な落花生の栽培方法と同じ。
■土壌、環境
土の中に実がなるので、粘土質で多湿な土はうまく育ちません。 植え付ける前にしっかり耕してください。

■芽出し
1) 種は薄皮を付けたまま一晩水に浸して吸水させてください。 
2) 9cmポット(3号)に、種を2〜3粒ほど1cmの深さに埋めてください。 覆土は3cmで十分です。
3) 軽く水やりをした後は、発芽するまで水は与えないでください。

直播(地植え)は、土作りをすませた後に作った畝に、深さ1〜2cmほどの穴を30〜50cm間隔に空けて、種を蒔いてください。 直播は、鳥に種を食べられてしまうことが多いので、種まきをしたらネットなど防鳥対策を施したほうがベターです。

■定植
7〜10日ほどで発芽し、本葉が3〜4枚になったら鉢やプランター、地面に植え替えてください。

■水やり
落花生は花が咲く前と咲いた後で水やりのタイミングが違います。 苗が根付くまでは水やりをしますが、その後は花が咲くまでは1回の量を少なめにしてください。 花が咲いた後は、土の表面が乾きそうになったら水をあげてください。

■肥料
落花生は豆が太るために石灰分が必要です。 種蒔きの1週間前に1崚たり消石灰か苦渋石灰を60〜100g・化成肥料(N-P-K=3-10-10)100gを散布してよく耕しておいてください。 

落花生などマメ科の植物は、根に付いた根粒菌によって空気中の窒素を取り込むことができます。 そのため、肥料を多く与えてしまうと、窒素分が多すぎて茎葉ばかりが茂ってしまいます。 植え付けるタイミングで野菜用の化成肥料を控えめに与えた後は、花が咲きはじめたときにカリウムが多めの化成肥料を追加で与えるだけで十分です。 花が咲くのは、6月の終わり〜7月頃です。

■収穫
落花生は、種まきから約5ヶ月かけて収穫を迎えます。 10月初旬〜中旬頃、葉っぱ全体が黄ばみ、下葉が枯れ落ちはじめたら、収穫のタイミングです。 一度試しに掘り出して、サヤに網目が入っていれば、株ごと引き抜いて収穫してください。 収穫の際、手だけで引き抜いてしまうと土の中にサヤが残ってしまいます。 スコップなどを使って、周りを大きく掘り、株ごと引き抜いてください。

■乾燥
畑で逆さまにして1週間位乾燥させてください。 煎って食べる場合や、来年のタネ用にも地干しします。

家庭菜園など小面積での栽培の場合も地干しである程度乾燥させた後に、サヤを剥き、アミ袋に入れて風通しのよい軒下などで乾燥させるとよいです。生の落花生は傷みやすくカビも出ます。 カラカラと音がするまでしっかり乾燥させてください。

【利用】
クックパッドでレシピが豊富に紹介されています。 生ピーナッツを軽く塩茹でするだけでも美味です。

【納期】
2〜10日以内に出荷します。
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 BlackPeanutSeed2
販売価格
550円(税込594円)
購入数
オーダー