クララ(苦参、眩草、マトリグサ、クサエンジュ)の種

中国原産で、日本でも本州以南の各地に分布しています。 和名は、根をかじると目がクラクラするほど苦いことから名づけられました。 また別名をクサエンジュともいいますが、これは中国原産でつぼみを薬用とし、街路樹として植栽されている同じ仲間のエンジュの葉によく似ていることから名付けられました。 

根は、直根でつむ状に肥大して塊根(かいこん)になります。 また、全草に残存性の苦味と異臭があります。 根または、外の皮を除いて乾燥したものは、苦参(くじん)という生薬になり、日本薬局方に収録されています。

【注意】
全草有毒で、根の部分が特に毒性が強いので摂取しないでください。 ルピナンアルカロイドのマトリンが薬効の元ですが、薬理作用が激しく、量を間違えると大脳の麻痺や呼吸困難で死にます。

和名: クララ、苦参、眩草、マトリグサ、クサエンジュ
英名: Shrubby Sophora、Ku Shen、Bitter Ginseng
学名: Sophora flavescens

原産国: 福建省・中国
形態: マメ科クララ属、耐寒性多年草
草丈: 100〜150cm
種まき: 4〜6月、10〜11月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 20〜25℃
発芽率: 67%
露地栽培: 関東以南
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
株間: 栽培環境による
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 40℃
連作障害: なし
栽培難度: Level 2

【栽培方法】
■土壌・環境
日当たりと風通しが良い適湿地で栽培してください。 強健で多少の悪環境でも土質を選ばず良く増えます。

■芽出し
ポットや種蒔き床にバラ蒔きし、覆土は5mmにしてください。 発芽してからは過湿に注意してください。 発芽はバラバラなので、2〜4週間かかります。

■定植
本葉が4枚になったら定植してください。 

■水やり
乾燥には比較的強いですが、真夏は水切れに注意してください。 冬は水やりの回数を減らして、乾燥気味にしてください。

■肥料
定植する際にゆっくり効く固形肥料を混ぜ込んでください。 追肥は成長期に適量与えてください。 窒素が多い肥料はつるばかり伸びて花付きが悪くなります。

■剪定
あまり伸びすぎた場合は適当に剪定してください。

■冬越し
最初の2年はゆっくり成長し、3年目以降で花が咲きます。 幹が木質になるまで霜に当てないでください。 枯れても根は生きているので、春になれば新芽が出ます。

■増やし方
種からと挿し木で増やすことが出来ます。 挿し木の時期は5月〜6月、9月〜10月で、虫や病気のついていない芽を10cmほどに切ってさし穂とします。 土に埋まる部分の葉っぱは全部除去してください。

【利用】
観賞用。
20粒50粒100粒300粒500粒
型番 KuraraSeed
在庫状況 24 オーダー
販売価格
550円(本体500円、税50円)
購入数
オーダー
>