サガの木(ナンバンアカアズキ、ラッキーシード)の種

中東〜熱帯アジアに自生する、「最も赤い実」を付けることからコーラルツリーとも呼ばれます。 昔から染料、薬用、装飾品として使われています。 中国では「海紅豆」「相思樹」と呼ばれ、古くから多くの伝説とともに親しまれてきました。 若い葉と木の皮は下痢止めとして漢方薬としても使われています。

「100粒集めると幸運が訪れる」「1,000粒集めると願いが叶う」と言い伝えられるため、シンガポールで街路樹として存在していても赤い実はすぐに収集されてしまいます。 ちなみに学名の「サガ」はアラビア語で「金細工師」を意味します。 サガの実は、4粒が約1gmになるため、かつては金の重さを測る分銅代わりに使われていたといわれます。

Macroptilium lathyroidesも和名で「ナンバンアカアズキ」と呼ばれますが、別品種です。

和名: サガの木、ナンバンアカアズキ、ラッキーシード、コーラルツリー
英名: Saga Tree、Lucky Seed、Red Coral Tree、Red Bead Tree、Red Sandalwood Tree
学名: Adenanthera pavonina

原産国: ケママン・マレーシア
形態: マメ科アデナンセラ属、常緑樹
栽培期間: 5年〜
草丈: 3〜106m
種まき: 5〜8月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 21〜27℃
発芽率: 64%
露地栽培: 鹿児島以南
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
株間: 栽培環境による
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 40℃
連作障害: なし
栽培難度: Level 2

【栽培方法】
■育てる場所・土
日当たり足りが良い場所で栽培してください。 根腐りに弱いので、水はけは良くしてください。

■芽出し
1) 種を入れた容器に90〜100℃の熱湯を入れて、2〜3分放置してください。 休眠打破しないと発芽しません。
2) 土質は特に選びませんが、野菜用の土に覆土を2cmにして播種してください。
3) 日当たりが良い場所で管理して、発芽するまで土が乾いたら散水してください。 バラバラと10〜30日で発芽します。

■定植
20cmくらいに育ったら、大きめの植木鉢に植え替えをして新しい土と肥料をあげて下さい。 その際、根を傷つけないように土をつけたまま植え替えをしてください。 沖縄で露地栽培する場合は10mは超えるので、定植位置や株間に注意してください。

■水やり
土を乾燥させないように多めにあげてください。 実を付けた後の冬季は、土がカリカリにならない程度に水をあげてください。

■肥料
肥料は小さいうちは種の栄養で育ちますから、必要ありません。 大きくなってからで大丈夫です。

■移植
鉢の下から根が出てきたら1〜2号サイズアップしてください。 それ程成長が早い品種ではないので、観葉植物としても人気があります。

■冬越し
幹が木質になってから外で越冬出来ますが、10月から慣れさせてください。 基本的に沖縄以外では室内で管理してください。

■収穫
日本では種は5年目から収穫可能となります。

■増やし方
種もしくは挿し木(水挿し)で増やしてください。
20粒50粒100粒300粒
型番 SagaTreeSeed
販売価格
660円(本体600円、税60円)
購入数
オーダー
>