イングリッシュホーソン(セイヨウサンザシ)の種

イングリッシュホーソーンは、バラ科に属している植物ですのでバラに茎や葉が非常によく似ています。 花は小さい花がいくつか纏まって咲きます。 遠くから見ると木全体を覆う様に咲きますのでシーズンには華やかな姿を見せてくれます。 ヨーロッパでは、生け垣や街路樹、盆栽、シンボルツリーなどによく用いられます。

【効能】
ホーソンは、すぐれた強心作用を持つ「心臓のためのハーブ」として認知されています。 心筋を強化し、心臓の働きを高めてくれます。 また、冠状動脈を拡張して血行を促進し、酸素摂取量を改善します。 高血圧や低血圧などの血圧を調整する効果もあり、心臓への負担を軽減してくれます。 このハーブは、動悸・息切れや不整脈、心臓の痛みなど、心臓の様々な症状に用いられます。 その他にも、ホーソンには利尿作用があり、体内の余分な水分や塩分を排出して、むくみを解消してくれます。 消化不良にも効果があると言われ、消化をサポートしてくれます。

【注意】
子供への使用は避けてください。

和名: イングリッシュホーソン、セイヨウサンザシ
英名: English Hawthorn
学名: Crataegus laevigata

原産国: ブライトン・イギリス
形態: バラ科サンザシ属、落葉低木
樹高: 4〜8m
発芽率: 81%
ベランダ栽培: 不可能
耐寒温度: -10℃
種まき: 4〜9月
発芽適温: 20℃
株間: 7〜10m
連作障害: なし
栽培難度: Level 1

【栽培方法】
■芽出し
1) 種を乾燥させたまま冷蔵庫に2〜6週間入れてください。
2) 桜が咲く頃に種蒔きをしてください。 直播きしても、育苗してから定植しても構いません。 覆土は5mm程度で十分です。

■定植
20cmの高さになるまで育苗してから定植してください。

■育てる場所・土
土壌は特に選びません。 

■剪定
最初の2年間は剪定しないで自由に伸ばしてください。 

■水やり
土を乾燥させないように多めにあげてください。 実を付けた後の冬季は、土がカリカリにならない程度に水をあげてください。

■冬越し
寒さには強い品種なので、越冬の対策は不要です。

■増やし方
種で増やすのがとても簡単です。 

【利用】
果実は乾燥させてから食用(ハーブティー)として使用するのが一般的です。
10粒30粒50粒100粒300粒
型番 EnglishHawthornSeed
販売価格
495円(本体450円、税45円)
購入数
オーダー
>