ダイダイ(ビターオレンジ)の種

ダイダイ(橙)は家に植えると「代々家が栄える」と言われている縁起の良い木で、正月のしめ縄に使われています。 酸味と苦みが強く、マーマレードやポン酢に使われています。 丈夫で育てやすく、植え付けてから3年ほどで実をつけてくれます。 果実は春になると再び緑色に戻るのが特徴です。 欧米ではビターオレンジとして知られています。

ネロリ、ビターオレンジ、プチグレン3種類のエッセンシャルオイル(精油)が採れます。 ネロリやプチグレンのオイルは、他の柑橘系植物を原料とする場合もありますが、ビガレードとも呼ばれるビターオレンジ由来のものが最も一般的です。

和名: ダイダイ、ビターオレンジ
英名: Bitter Orange、Seville Orange、Sour Orange、Marmalade Orange
学名: Citrus aurantium

原産国: ラヨーン・タイ
形態: ミカン科ミカン属、常緑樹
種まき: 3〜5月
発芽率: 87%
樹高: 4〜5m
収穫: 8〜10月 *関東の場合
収穫までの期間: 3年〜
受粉樹: 不要
用途: 生食、ジャム、ジュース、アイスクリームなど
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
株間: 50〜60cm
生育温度: 15〜35℃ 
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 普通
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■芽出し
・種を冷水に入れて、水に入れたままの状態で1〜2週間暗所で保管する。
・種を濡れたティッシュ(ペーパータオル)に乗せてから、2週間で発芽します。

■環境、土壌
ダイダイは関東よりも南の地域では、庭植えで育てることができます。 排水がよく、日当たりのよい場所を好みますが、樹勢が強く、多少日当たりが悪くても育てることができます。

■定植
植え付けは、3月〜4月に行います。 直径80僉⊃爾30僂凌△┠蠅魴,蠅泙后 掘り上げた土には、苦土石灰2圈堆肥5圓鮑ぜ込んでください。 苗木は根を広げて植え、土を埋め戻してください。 深植えにならないように注意してください。

■仕立て
3本主枝の開心自然形に仕立ててください。 ダイダイは他の香酸柑橘類を複数接ぎ木することもできます。 放置していても、樹高2メートル強の開帳性の形になります。 ダイダイは他の香酸柑橘類を複数接ぎ木することもできます。

■剪定
ダイダイの剪定は3月ごろが適期です。 込み入った枝を切り、樹の内側に日が入るようにしてください。

■肥料
3月上旬の春肥、6月上旬の夏肥、9月上旬の初秋肥、10月下旬の晩秋肥の年4回施肥を行います。

1年間に施す肥料は、窒素約500g、リン酸約300g、カリ約400gです。
2月頃に樹の下に穴を掘り、苦土石灰を入れると良いです。

■収穫
収穫は、12月ごろから行います。 観賞用に用いる時は葉のついた状態で収穫します。

【利用】
酸味が強いので生食には向きませんが、果汁を食酢として使うことがあります。 果皮はマーマレードにして食されます。 花は、オレンジブロッサムティーとして飲用されます。
20粒50粒100粒300粒
型番 BitterOrangeSeeds
販売価格
650円(税込702円)
購入数
オーダー
>