アフリカナツメグ(ジャマイカナツメグ、キャラバッシュナツメグ)の種

中央アフリカに自生し、ナツメグに似た香りがするということで香辛料としても使われています。 根は、歯痛、関節炎を和らげる、種は、貧血、痔、性的弱さ、傷を和らげるために使われています。 種は粉末にしてスープやデザート、香辛料として使用されています。 ランに似た独創的な花が園芸用としても人気があります。

和名: アフリカナツメグ、ジャマイカナツメグ、キャラバッシュナツメグ、ひょうたんナツメグ
英名: Africa Nutmeg、Jamaica Nutmeg、Calabash Nutmeg
学名: Monodora myristica

原産国: ヤウンデ・カメルーン
形態: バンレイシ科モノドラ属、常緑高木
樹高: 10〜30m
栽培期間: 7年〜
結実性: 雌雄同株
ベランダ栽培: 不可能
栽培可能地域: 露地栽培なら奄美大島以南
種まき: 5〜10月
発芽適温: 20〜27℃
発芽率: 63%
株間: 20〜30m
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 40℃
連作障害: なし
栽培難度: Level 3

【栽培方法】
■土壌、環境
日当たりが良い場所で栽培してください。 播種後3〜4年で花が咲くようになります。 10℃以下になる地域では室内(温室)で管理してください。 水はけの良い肥沃な用土を好みます。 用土の配合は、赤玉土7、腐葉土3の割合にしてください。

■芽出し
1) 種を1日水に入れてください。
2) 種まき用の無菌状態の土に種を蒔き、覆土は1cmにしてください。
3) 発芽するまで土が乾燥しないように管理してください。 発芽まで2〜5週間かかります。

■肥料
3月、6月、10月に有機質肥料を規定量より若干多めに与えてください。 果実生成にはカルシウムとカリウムが多く必要とされるため、冬期に苦土石灰などを施すとベターです。

■水やり
浅根性(せんこんせい)なので水を好みます。 土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷりとあげてください。 特に、開花期や果実の肥大期は水切れのないよう注意してください。 最低気温が15℃以下になったら除々控えめにして、冬期は乾燥気味に管理してください。

■人工授粉
昆虫で受粉します。

■収穫
実の外側が黒くなってから収穫してください。 実は食用ではありませんが、種に有用性があります。

【利用】
観賞用、食用
5粒10粒30粒50粒100粒
19,800円(本体18,000円、税1,800円)
在庫 0 オーダー売切れ中
37,400円(本体34,000円、税3,400円)
在庫 0 オーダー売切れ中
型番 AfricanNutmegSeed
在庫状況 10 オーダー
販売価格
2,310円(本体2,100円、税210円)
購入数
オーダー
>