クソニンジン(オウカコウ)の種

本州から九州、およびアジア、ヨーロッパに広く分布し、北米にも帰化しています。 生薬名は全草は黄花蒿(オウカコウ)、種子は黄花蒿子(オウカコウシ)です。 葉がニンジンに似ていて、特異な臭いがする葉なため「クソニンジン」と呼ばれています。 終盤に全体的に黄色くなるのが特徴です。

効能:
全草は清熱薬として発熱、日射病、熱射病、寝汗やマラリアなどに用いられます。 特に含有成分のアルテミシニンはマラリアに効果を発揮し、2015年のノーベル生理学・医学賞に繋がりました。 寄生性皮膚病、田虫には煎液で患部を洗います。 種子は疲労・寝汗に用いられます。

和名: クソニンジン、黄花蒿(オウカコウ)
英名: Sweet Annie、Sweet Sagewort
学名: Artemisia annua

原産国: 福州市・中国
形態: キク科ヨモギ属、一年草(越年草)
草丈: 1〜2m
栽培期間: 80〜日
種まき: 3〜5月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 15〜25℃
発芽率: 83%
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 27℃
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
株間: 30〜80cm
連作障害: なし
栽培難度: Level 1

【栽培方法】
■種蒔き
1) 桜が咲いてから直播きして、覆土は3mm程度にしてください。
2) 発芽するまで土を乾かさないように霧吹きしてください。

■用土
水はけが良くて極端なやせ地でなければ土質は選ばず育ちます。 鉢植えは赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使ってください。 砂地や塩害にも強い品種です。

■水やり
地植えの場合、植え付けて根が落ち着くまで1〜2週間は土が乾いたら水を与えてください。 それ以降は自然の雨だけで育ちます。 鉢植えのものは土が乾いたらたっぷりと水を与えてください。

■肥料
肥料は植え付ける際、ゆっくりと効くタイプの粒状肥料を混ぜ込んでください。 鉢植えは加えて、春〜秋の生育期に液体肥料を月1〜2回与えてください。

■害虫
特にアブラムシの被害が見られます。 放っておくと茎にびっしりと付いて吸汁するので、発生が少ない内に捕ってください。

■植え替え
植え替えの適期は9月〜10月で、株分けを兼ねて行います。 鉢植えは鉢中が根で窮屈になるので1〜2年に1度は植え替えてください。

■注意
繁殖力が非常に旺盛で他の植物を駆逐することがあります。 植え付ける場所や数をよく考えて、過剰な繁殖には気を付けてください。

■収穫
若芽は3月に出たばかりのものを摘み取ってください。 また、葉の収穫適期は6月中旬〜7月中旬です。 生葉を利用するときは、葉先のやわらかい部分を使ってください。

■増やし方
宿根で越冬しながら増えます。 4〜5月に切り戻したときに出た枝を土に挿していると簡単に株を増やすことができます。 発根剤をつけると成功率がグンとあがります。

【注意】
他のヨモギ属と交雑するので、他のヨモギ属と隔離して栽培してください。
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 SweetSagewortSeed
販売価格
440円(本体400円、税40円)
購入数
オーダー
>