ゾウノリンゴ(ウッドアップル、タナカの木)の種

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ミャンマーで伝統的に、化粧品として使われている「thanakha(タナカ)」の原料となります。 ミャンマー語でタナ(Thana)は汚れ、カ(Kha)は清潔という意味です。 5〜10cm長さに切った幹皮や根を研磨石の上ですりつぶした粉末に水を加え、乳白色のペースト状にして使われています。 肌につけるとひんやりとした感触があり、日焼けから肌を守ります。 ビャクダンに似た香りを持ち、石けん、化粧水、香水、シャンプー、洗顔フォームなどにもタナカを添加した商品が販売されています。

果実はこげ茶色の果肉で、種が多く粘り気があり、甘酸っぱく香りが良いです。 生食のほか、アイスクリーム、ジュース、ゼリー、ジャム、チャツネなどに加工されています。 ミャンマーの露天商で必ず見かけるフルーツです。

薬効は、果肉の抽出成分が動物実験(ラット)により抗糖尿病作用があり、傷の治療や肝損傷の治療にも効果的であると考えられています。 ヒトの乳がん細胞を使った実験により、抗がん作用があることが明らかとなりました。 また、樹皮や葉の抽出物から抗酸化成分が抽出されるほか、利尿作用(葉)、抗菌(葉)・防カビ作用(果肉)、精子形成を抑制する作用(果肉)、抗ヒスタミン効果(樹皮)等があるとされています。 廃棄される果実殻(fruit shell)は、水質浄化の分野で染料の吸着剤として有効とされている。 現在様々な研究が各国で進められています。

和名: ゾウノリンゴ、ウッドアップル、タナカ、ターナーカー、ナガエミカン、タナカの木
英名: Wood Apple、Elephant Apple
学名: Limonia acidissima

原産国: マンダレー・ミャンマー
形態: ミカン科リモニア属、常緑樹
結実年数: 5年
樹高: 5〜9m
結実性: 雌雄同株
種まき: 6〜8月
発芽適温: 22〜28℃
発芽率: 92%
ベランダ栽培: 不可能
露地栽培: 九州以南
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 40℃ 
栽培適温: 20〜40℃
株間: 6〜15m
連作障害: なし
栽培難度: Level 3

【栽培方法】
■環境、土壌
土は適度な湿度と酸性土壌を好みます。 日当たりが良い場所で管理してください。 10号ポットに植えれば冬の越冬も可能で、室内で管理できます。 幼い苗の場合は、真夏の直射日光を避けてください。

■芽出し
1) 一般的な腐葉土に直播きしてください。 覆土は2cmにしてください。 
2) 室内の温度が高い場所で保管してください。 発芽まで土の表面が乾かない程度に水やりをしてください。 蒸れすぎになると腐りやすくなりますので、気をつけてください。
3) 早ければ1週間ほどで発根を開始します。

■定植
樹高が30cmになってから露地に定植してください。 

■水やり
30cmの高さになるまで、土の表面が乾いたら水を与えてください。 1m程度の高さになれば乾燥させても大丈夫です。

■冬越し
幹が木質になるまで室内で管理してください。

■増やし方
挿し木、種で増やすのがとても簡単です。

■収穫
ヘタの部分が乾燥してきたら収穫のタイミングです。

■利用
生食、化粧品の原料。
5粒20粒50粒100粒300粒
6,600円(本体6,000円、税600円)
在庫 0 オーダー売切れ中
12,100円(本体11,000円、税1,100円)
在庫 0 オーダー売切れ中
33,000円(本体30,000円、税3,000円)
在庫 0 オーダー売切れ中
型番 WoodAppleSeeds
在庫状況 在庫 5 オーダー売切れ間近!
販売価格
770円(本体700円、税70円)
購入数
オーダー
>