アナガリスモネリーの種

暖地の沿岸部に自生している野草です。 日本ではあまり出回っていない花ですが、育てやすく頑健です。 瑠璃色の濃い色合いの花は庭にいろどりを加えるにはピッタリです。

アナガリス・モネリーは地中海沿岸、ヨーロッパ西部に分布する品種です。 茎は這うように伸びます。 花の大きさは1cm前後で色は青や赤です。 細かく枝分かれして半球状に茂り、株いっぱいに花を咲かせます。

和名: アナガリス、ルリハコベ、アナガリス・モネリー
英名: Anagallis
学名: Anagallis monelli
花の色: レッド(スカーレット)、ブルー

原産国: コインブラ・ポルトガル
形態: サクラソウ科ルリハコベ属、多年草
草丈: 30〜50cm
栽培期間: 5〜6ヶ月
種まき: 4〜6月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 20℃
発芽率: 82%
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 25℃
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能
株間: 10〜15cm
連作障害: なし
栽培難度: Level 3

【栽培方法】
■環境、土壌
日当たりと水はけの良い場所を好みます。 肥料も特に必要ありません。 6〜11に開花します。 

■芽出し
ポットに培養土を入れてから、直接蒔いてください。 覆土は5mm程度で十分です。

■摘心
30cm以上になったら摘芯してください 脇芽が出てきて大きく育ちます。 摘芯はツルの先を切って脇芽を出させることです。

■水やり
乾燥には比較的強いので、乾燥気味を好みます。 露地栽培の場合には気にすることはありません。 土が乾いたら水をたっぷりあげてください。 土が湿っているようなら水は控えてください。

■肥料
肥料は植え付け時に市販の土に含まれているものと、春と秋に1回づつ液体肥料を与えれば充分です。 肥料を与えすぎると、花が咲かなかったり、茎が伸びすぎてしまいます。

■手入れ
湿気に弱いので7月に刈り込んで風通しをよくしてやると秋から、また葉が伸びて花を咲かせます。

■夏越し
暑さと蒸れに弱く、非常に枝分かれがよく茂るので、夏前に切り戻しをして風通しをよくしてやらないと夏越しは難しいです。

■冬越し
秋に植え付けをして、冬を越し、春から花を咲かせます。 -5℃まで耐えますので、霜に当たっても枯れません。 よほどの寒冷地でなければ戸外で越冬します。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
 20粒50粒100粒300粒500粒1000粒
ブルー
1,925円(本体1,750円、税175円)
在庫 0 オーダー売切れ中
4,950円(本体4,500円、税450円)
在庫 0 オーダー売切れ中
6,875円(本体6,250円、税625円)
在庫 0 オーダー売切れ中
11,000円(本体10,000円、税1,000円)
在庫 0 オーダー売切れ中
レッド
1,925円(本体1,750円、税175円)
在庫 0 オーダー売切れ中
4,950円(本体4,500円、税450円)
在庫 0 オーダー売切れ中
7,172円(本体6,520円、税652円)
在庫 0 オーダー売切れ中
11,000円(本体10,000円、税1,000円)
在庫 0 オーダー売切れ中
型番 AnagallisMonelliSeed
在庫状況 12 オーダー
販売価格
495円(本体450円、税45円)
購入数
オーダー
>