カラミント(カラミンサ)の種

ミントに似た香りがあり、薄い紫色の小さな花がたくさん咲き開花が長いのが特徴です。 西洋ガーデンで積極的に導入されている品種です。 葉も花も小さく、切り花の宿根カスミソウのような添え花的な使い方ができるので、寄せ植えなどにも適しています。

和名: カラミント、カラミンサ、レッサーカラミント
英名: Common Calamint
学名: Calamintha nepeta (Clinopodium nepeta)
品種: Blue Cloud

原産国: リバプール・イギリス
形態: シソ科トウバナ属(カラミンサ属)、常緑多年草(宿根草)
収穫: 60日
草丈: 40〜80cm
種まき: 4〜6月
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 89%
ベランダ栽培: 可能
生育適温: 16〜21℃
耐暑温度: 30℃
耐寒温度: -10℃   
株間: 10〜15cm
連作障害: なし
栽培難度: ★ 

【栽培方法】
■環境、土壌
日向〜半日陰ので風通しの良い場所に置いてください。 暑い地方では夏は寒冷紗などで涼しく管理してください。 中深鉢に硬質鹿沼と軽石、桐生砂、日向土などの石系を混合して水はけ良く植えます。

■種蒔き
種は中程度の大きさなので、1か所に2〜3粒蒔く点蒔きしてください。 覆土は5mm以下にしてください。

■定植
3〜4月と、9月中旬〜11月中旬が適期です。 庭植えは、堆肥や腐葉土を混ぜて耕してから、根鉢をくずして植えつけてください。 根づくまでは乾燥に注意してください。

■水やり
水切れには弱いので、夏場は注意してください。 庭植えの場合、根がよく張ったらほとんど不要ですが、真夏は葉がしおれそうになったら水やりをしてください。 鉢植えの場合は、鉢土が乾き始めたらたっぷり水をあげてください。

■手入れ
茂りすぎた株は、収穫を兼ねて随時枝を切り取りますが、なるべく午前中に行います。 茎の上部を刈り取るか、少量使いたい場合は葉だけ摘みます。

■肥料
肥料は薄い液肥を月に2〜3回施すか、春と秋に置き肥をします。 定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

■植え替え
植え替えは1〜2年に1度、新芽が出る前の3月頃に株分けを兼ねて実施してください。

■増やし方
株分け、挿し木、実生で増やせます。

■利用
花が咲く時期の直前が芳香成分が最も強く、風通しの良い明るい日陰で乾燥させてから、密閉保存しておきます。 お茶は強壮効果やガスによる腸の痛みをやわらげるとされています。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 MexicanTarragonMintSeed
販売価格
450円(税込486円)
購入数
オーダー
>