ムユウジュ(無憂樹)の種

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ムユウジュは紀元前5世紀(一説に紀元前6世紀)にサーキヤ(Sakiya)族の国王の長男として生まれたゴータマ・シッダールタ、後のブッタ。 懐妊中の母マーヤーが現在のネパール国にあるルンビニーで、この木の花を見て右手でひと枝折ろうとした時に、右脇腹から生まれたという言い伝えのある木です。 

インド〜東南アジアに自生し、庭園樹として愛用されています。 インド、ミャンマー、タイの寺院にはこの木の並木が多いです。

仏教三大聖樹(無憂樹、沙羅双樹、印度菩提樹)の一つです。 
無憂樹 (マメ科): 釈迦が生まれた所にあった木
印度菩提樹 (クワ科): 釈迦が悟りを開いた所にあった木
沙羅双樹 (フタバガキ科): 釈迦が亡くなった所にあった木

和名: ムユウジュ、無憂樹、無憂華、無憂花、阿輸迦の木、阿輸迦樹
英名: Asoka Tree、Sorrowless Tree
学名: Saraca asoca (Saraca Indica)

原産国: ラホール・パキスタン
形態: マメ科サラカ属、落葉中木
樹高: 5〜8m
発芽適温: 23〜28℃
発芽率: 94%
結実性: 雌雄同株
ベランダ栽培: 不可能
露地栽培: 静岡以南、太平洋側
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 45℃
種まき: 4〜8月
株間: 3〜7m
連作障害: なし
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土壌は特に選びません。 日当たりのよい場所を好みます。 日陰が苦手なので、注意してください。 非常に大きくなりますので、定植する場所は吟味してください。 霜が降りる回数が多い場所では室内、温室ハウスで栽培してください。

■芽出し
1) 種を水に24時間程度入れてください。
2) 種を1粒蒔いたら、土を3cm程度被せてください。
3) 発芽するまで土が常に湿っている状態ににしてください。  

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにあげてください。 1mの高さになれば乾燥にも強くなります。

■冬越し
霜が降りる場所では、プチプチを巻いたりして防寒してください。 大き目の鉢に植えて、冬場は室内で保管することをオススメします。 ある程度の大きさになって、幹が木質になったら0℃までの耐寒性がつきます。

■手入れ
成長が遅いので、基本的に剪定の必要はありません。 丈夫なので、太い枝の部分まで刈り込んでも芽吹きます。 強い剪定をしたから枯れるということもありません。

■開花
2〜3年目から花が咲きます。

■増やし方
種から増やしてください。
2粒5粒10粒20粒
1,600円(税込1,728円)
在庫 0 オーダー売切れ中 (お問い合わせください)
型番 SaracaIndicaSeed
在庫状況 在庫 4 オーダー売切れ間近!
販売価格
1,600円(税込1,728円)
購入数
オーダー
  • 2017/07/10 23:54:04
全て発芽
購入した二粒とも発芽しました
吸水すると表面の皮がひび割れて肉が見えます
一週間くらいすると根が出ました
根は先太りしてる方が割れて出ます
ただし根が出てから芽が出るまで更に一、二週間くらいかかります
芽は根とは違って側面が割れて出てきます
  • 20代
  • 女性
  • 2017/07/08 16:59:34
問題無く発芽しました。
この度は貴重な種をありがとうございました。
2粒だけでは少し不安でしたので、4粒注文しました。
種は6月10日に届き、商品ページを参考に一日水につけた後、12日に一鉢一粒ずつ蒔き、毎日水やりをしていました。
7月に入り5日頃に1鉢に小さな芽を確認し、本日(8日)2つ目3つ目の発芽を確認致しました。
また残りの一鉢も、そろそろ芽が出てきそうです。
発芽率の高さには驚きました。 
冬越しが不安ですので、まずはこの夏の間に出来る限り丈夫に育ってくれる事を祈ります。
  • DARUMA
  • 40代
  • 男性
  • 2017/06/28 12:20:16
無憂樹の発芽
仏教の三大聖木の一つである無優樹、種子は小さいものかと思ってい

ましたが届いてみるとかなりの大きさ。

土の水分を正確に管理しないと種喰い虫にやられるぞと危機感を抱き

ながら播種しました。

幸いにも1粒で発芽しましたので発芽率100パーセント?かな。

初めて挑戦する分野の種子でしたので発芽条件をどうするかと考えま

したが、インド菩提樹と同じハウスで日中25℃〜35℃をキープ

して、灌水は玄米酵素アミノ酸3000倍希釈を2日に1回の割合で灌水

し、播種から1週間で見事発芽にこぎつけました。

これからも観察を続け安心できる大きさの苗を育てて見たいです。
>