ムサ・カメンゲンシスの種

*** 日本初上陸の品種です。 ***

2013年に発見された比較的新しい品種です。 ヒマラヤ東部の800〜1,500 mの山岳地帯の熱帯雨林だけに自生しています。 原種に近いため、実は小さめで種が多い(M. sikkimensisが65粒に対し、M.kamengensisは133粒)のが特徴です。 実は食用ですが、現地では生食より揚げています。

和名: ムサ・カメンゲンシス
英名: Musa kamengensis
学名: Musa kamengensis

原産国: シロン・インド 
形態: バショウ科ムサ属、常緑低木
樹高: 3〜4.5m
種まき: 4〜7月
発芽適温: 20〜28℃、2〜8週間
発芽率: 89%
pH: 5〜6
収穫: 8〜10月 *関東の場合
収穫までの期間: 3〜4年
受粉樹: 不要
用途: 観賞用、食用
鉢植栽培: 不可能
接木: 可能
株間: 1〜2m
生育温度: 昼間30〜35℃、夜間15〜20℃
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 40℃
栽培難度: Level 2

【栽培方法】
室内の温度管理に問題が無ければ、何月に播種しても大丈夫です。

■芽出し
1) 種子を水で洗う。
2) 48時間お水またはぬるま湯に浸ける。
3) ポットに種まき用土などを入れる。
4) 種子を蒔いて1cm程度軽く土をかけ、土を適度に湿らせてください。
5) 30℃前後の場所に置いてください。
6) バナナは発芽まで2〜8週間かかります。 発芽したら根が短いうちにポットへ移植してください。

*移植のときは、根が傷つかないようにしてください。
*幼苗の間は、乾燥に非常に弱いので、常に土が湿った状態にしてください。
*苗が20cm程度になったら、日当たりが良い場所に移動させてください。

■土壌
用土は赤玉土(8):腐葉土(2)にして、水はけをよくしてください。

■水やり
高温多湿にするとぐんぐん成長します。 4月〜10月の成長期は乾いたらたっぷり水を与えてください。

■植え替え
鉢植えは不可能です。

【越冬について】
1年目の越冬は要注意です。 株が大きくなれば耐寒性が増します。 年中部屋の中で栽培するほうが無難です。
10粒30粒50粒100粒
16,500円(本体15,000円、税1,500円)
在庫 0 オーダー売切れ中
32,450円(本体29,500円、税2,950円)
在庫 0 オーダー売切れ中
型番 MusaKamengensisSeed
在庫状況 在庫 5 オーダー売切れ間近!
販売価格
3,410円(本体3,100円、税310円)
購入数
オーダー
>