タッカ・シャントリエリ(ブラックキャット、デビルフラワー)の種

暗紫色の花のような苞と、紫色の小さな星状の花、長い髭のように見える不稔性花柄の組み合わせが一風変わった雰囲気がある珍花です。 葉は幅広で大きく、緑色で葉脈が明瞭です。 7〜9月(適温の20度以上では周年)に開花します。

花言葉は「孤独な主張」「邪悪」です。

和名: タッカ・シャントリエリ、ブラックキャット
英名: Black Bat Flower、Black Cat Flower、Devil Flower
学名: Tacca chantrieri

原産国: アーグラ・インド
形態: タシロイモ科タシロイモ属、常緑多年草(宿根草)
pH: 6.0〜6.5
草丈: 40〜90cm
播種: 4〜8月(通年)
発芽適温: 24〜28℃
発芽率: 78%
生育適温: 20〜27℃
耐寒温度: 15℃
耐暑温度: 30℃
連作障害: なし
株間: 1〜2m
栽培難度: Level 3

【栽培方法】
■土壌、環境
水はけが良い土壌で、半日陰で管理してください。 寒さに弱いので沖縄、小笠原諸島以外での露地栽培は無理です。

■芽出し
発芽適温が維持できる環境なら通年播種可能です。
1) 種を30〜35℃のぬるま湯に24時間入れてください。
2) 未使用のバーミキュライトに覆土を5mmにして、播種してください。 下に穴が空いている苗床(ポット)を使ってください。
3) 容器をサランラップ等で覆ってください。 湿度が必要なのでサランラップに穴を開けないでください。 
4) 開花するまで霧吹きで散水してください。 好光性なので、日当たりが良い場所で管理してください。 3〜4週間で発芽します。

■水やり
乾燥を嫌うので、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。 

■定植
4〜6月に大きめの鉢に定植してください。

■手入れ
選定や手入れは特に必要ありません。 葉が枯れて、茶色になったら除去する程度で十分です。 

■植替え
下から根が出てきたら株分けや大きめの鉢に植え替えてください。

■夏越し
夏場は霧吹きで全体的に散水してください。 森の茂みに育つ植物なので、明るい日陰で管理してください。 直射日光は厳禁です。

■冬越し
寒さには弱いので、室内で越冬させてください。 乾燥を嫌うので、室内で管理する場合は、エアコンの風が当らない場所で管理してください。 15℃以下になると葉が枯れ始めます。 葉が枯れても根茎は生きている場合があるので、もし葉が枯れても、春まで乾かし気味にし、5℃以上を維持して管理してください。 根茎が生きていれば、春に再び芽吹きます。

■増やし方
球根で増やすのが簡単です。

【利用】
観賞用として。
20粒50粒100粒300粒500粒
型番 BlackCatFlowerSeed
販売価格
2,200円(本体2,000円、税200円)
購入数
オーダー
>