サラダたまねぎ(サラダオニオン)の種

極早生品種の中でも、超極早生品種のサラダたまねぎです。 新たまねぎとも呼ばれ、葉つきのまま収穫ができます。 早くから収穫できるタマネギなので水分が多く柔らかく、甘みがあるタマネギです。 スライスして空気にさらすと、更に甘みが増すという特徴を持っています。

和名: サラダたまねぎ、サラダオニオン、新たまねぎ
英名: Salad Onion
学名: Allium cepa

原産国: オレゴン州・アメリカ
形態: ネギ亜種ネギ属、一年草
草丈: 50〜70cm
栽培期間: 180〜200日 (越冬します)
種まき: 下記参照
適正土壌pH: 6.0〜7.0
発芽率: 90%
栽培可能地域: 冷涼地には向いておらず、暖地、中間地で栽培ができます。
プランター栽培: 可能(幅60cmなら2株)
株間: 30cm
栽培難度: Level 2

【栽培方法】
■苗床
タマネギの苗は肥沃で排水のよい場所で、育てる必要があります。 種を播く2週間前に苦土石灰と堆肥を入れて耕し、土の酸性度を調節しておきます。

苦土石灰は1屬△燭100g、堆肥は2〜3圓適当です。 種を播く1週間前には、化成肥料を1屬△燭60g施して耕し、畝を作ります。

■種蒔き
いつ収穫したいかによって、種まきの時期が変わります。 年内中、春に収穫したい場合は、3月からトンネル、ハウス、苗床などを使って育苗をし、植えつければ年内に収穫ができます。

1〜2月に収穫したい場合: 8月下旬が目安
2〜3月に収穫したい場合: 9月上旬が目安

一般的に栽培する場合は、9月中旬頃までには種まきをすれば3月〜4月頃、収穫ができます。

タマネギの種は、条まきかバラまきにします。 

条まき: 畝に垂直方向に、5〜6僂きに板でまき溝をひいておきます。 まき溝の中に種を1〜2儡岾屬罵遒箸靴討い、軽く土をかぶせます。

バラまき: 畝の表面に薄く石灰を撒いておきます。 石灰を撒いておくと、種をどこに撒いたのかわかりやすくなります。 種は畝全体にまんべんなく撒いていきます。 種を播き終わったら畝全体をピートモスで覆い、たっぷりの水を撒き、その上に寒冷紗をかけます。

■土寄せ
本葉が2枚伸びたころ、間引いて株間を2〜3僂紡靴┐泙后 発芽してから20日後を目安に追肥を行います。

■追肥
追肥は500倍に薄めた液肥か、化成肥料を1屬△燭30gm施します。 追肥後は、ふるいを使って株間に土をふるい入れ、土寄せを行います。

■育苗
育苗期間は2か月程度です。 本葉が3枚以上になり、葉鞘部の直径が6〜8弌苗の重さが4〜6gの、根のしっかり張った苗が育ったら成功です。 

■肥料
肥大期には肥料はチッソを少なめにしてリン酸、カリを多めに与えるようにしてください。 チッソが多いと、葉の生育が強くなります。

■コツ
肥大する条件は温度が15度以上で、15℃以下だと、肥大が緩やかになります。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 SaladOnionSeeds
販売価格
495円(本体450円、税45円)
購入数
オーダー
>