アマチャヅル(甘茶蔓)の種

葉は噛むと甘味があることから、甘茶蔓と呼ばれています。 茎と葉には、薬用人参(朝鮮人参、高麗人参)に含まれるサポニンのジンセノサイド11種のうちの4種と同じ成分を含みます。 このジンノセサイドは溶血作用が少なく組織細胞を若返らせる作用があるといわれています。 中国などでは古くから薬草として葉が使用されています。 滋養に、日干しした茎葉を煎じて服用するか、軽く炒ったものを煮立ててお茶代わりにする使い方がされるほか、乾いたものを焼酎に漬け込み薬用酒として利用されています。

苗は以下で販売しています。
http://www.marcheaozora.com/?pid=136332925

和名: アマチャヅル、甘茶蔓
英名: Jiaogulan、Five-Leaf Ginseng
学名: Gynostemma pentaphyllum

原産国: 愛知県
形態: ウリ科アマチャヅル属、つる性多年草
草丈: 40〜500cm
栽培期間: 60〜日 (収穫サイズによる)
種まき: 4〜6月
発芽適温: 22〜27℃
発芽率: 80%
適正土壌pH: 6〜7
栽培可能地域: 日本全国
結実性: 雌雄異株
プランター栽培: 可能(幅60cmなら3株)
株間: 20cm
耐寒温度: 8℃
耐暑温度: 30℃
連作障害: なし
栽培難度: Level 2

【雌雄判別について】
開花するまで雌雄の判別が出来ません。

【栽培方法】
■土壌、環境
直射日光は苦手です。 土質は特に選びません。

■芽出し
1) 種を水に2日つけてください。
2) 覆土は5mm程度にして播種してください。
3) 発芽まで3〜5週間かかりますが、土の表面が乾かないように管理してください。

■水やり
土の表面が乾いたら水をあげてください。

■肥料
定植の際に混ぜ込んでおいてください。

■定植
本葉が5枚以上出てから定植してください。 つる性なので、支柱を立てるか、もしくはネットを張ってください。 放っておけば5mまで伸びるので、1m前後で切って管理してください。

■収穫
8〜9月に茎と葉を特に晴天の日を選んで下葉1枚くらい残して刈り採り、水洗いをして汚れを落としたのち、少しずつ束ねて吊るし水を切ってください。 生乾きの時2〜3cmくらいに刻んで、更に天日でよく乾燥させてください。

■増やし方
15cm程度の長さのものを挿し木にして増やしてください。 30cm程度まで育ててから定植してください。

■冬越し
気温が10℃までの圃場では常緑です。

【利用】
乾燥した茎葉5グラムに約1リットルの水を入れて、番茶のように煮出して服用してください。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 AmachaSeed
販売価格
440円(本体400円、税40円)
購入数
オーダー
>