サラク(スネークルフーツ)の種

サラクはインドネシアとマレーシアに自生するもので産地と種類によって様子が異なってきます。 果実を覆う茶色く薄い皮の表面には細く細かい無数の刺のようなものが存在しています。 手の皮の厚い人であればなんのことなく皮を割り果実を取り出すことができますが、そうでない人には少し厄介なフルーツです。 トゲがあるので剥きにくいですが、中を空けてみれば不思議な果実の香りとそして不思議な食感の果物。 それでいて食べるほどに慣れるほどに美味しくなってくるサラクです。

東南アジア諸国では砂糖煮して愛用されています。 実の先をつまんで引きちぎるようにすると、ぱりっと皮が外れるようにして剥けます。 中身は白く、3つくらいの大小の房に分かれていて、大きな房の中には種が入っています。 油っぽいような独特の匂いがあり、味は普通甘く、酸味と共に多少渋みがあります。 リンゴのような歯ごたえですが、みずみずしいです。

和名: サラカヤシ、サラクヤシ、サラク、サラック
英名: Snakefruit、Salacca、Zalacca、Salak
学名: Salacca zalacca

原産地: ブルネイ
形態: ヤシ科サラカヤシ属、常緑樹
種別: 固定種
種蒔き: 4〜8月
発芽適温: 20〜28℃
発芽率: 96%
ベランダ栽培: オススメ
栽培日数: 3年目から収穫
生育適温: 20〜30℃ 
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 35℃
栽培難度: ★

【栽培方法】
■育てる場所・土
日当たりのよいところで育ててください。 耐暑温度はありますが、猛暑が厳しい場合には半日になるように調整してください。

水はけのよい土を好みます。 花木の培養土などの庭木用の土がおすすめです。 庭植えの場合、あらかじめたい肥や腐葉土を混ぜ込んでおくとよいでしょう。

■種蒔き
覆土は1cmにして蒔いてください。 発芽するまで土の表面が乾いたら水をあげてください。

■水やり
鉢植えの場合、土の表面が乾いたら、たっぷりと与えてください。 鉢植えの場合、水をためっぱなしにしていると根っこが腐る原因となるので抜いてください。 庭植えの場合、晴れの日が続く場合や葉に元気がなくなってきたら与えてください。

夏は午前中の涼しい時間に、冬も凍る心配のない午前中に水を与てください。 夏の日中に水切れを起こした場合は、すぐに涼しい日陰に移して水やりを行ってください。

■肥料
植え付け前と毎年2〜4月に肥料を与えてください。 生育期の5〜10月には、2ヶ月に1回程度、暖効性の化学肥料を与えてください。 冬は与えません。

■お手入れ
ハダニ等の害虫も付かないので、手入れは不要です。

■植え替え・株分け
鉢植えの場合、暖かくなってきた頃に植え替えを行ってください。 鉢の下から根が出てきたら変え時です。 古い土を根を傷めない程度に軽く落とし、一回り(3cm)大きい鉢に新しい土を足して植え替えます。 根を傷つけると立ち枯れを起こす場合があります。

■温度、越冬
幼木のうちは、耐陰性があり、日陰でも育てることができますが、明るい場所のほうが生育は早くなります。 真夏の直射日光は避けてください。 高温多湿を好みます。 耐寒性は強いほうですが、葉が枯れてきたら室内に移してください。

■収穫
成熟したら実が赤くなります。 赤くなってから1週間が収穫のタイミングです。

■保存
冷凍保存が可能です。 硬い皮で保護されているので、冷蔵保存は2週間程度持ちます。 

■利用方法
生食以外にも砂糖煮がオススメですので、ぜひチャレンジしてください。
5粒20粒50粒100粒
1,800円(税込1,944円)
在庫 0 オーダー売切れ中
6,800円(税込7,344円)
在庫 0 オーダー売切れ中
16,000円(税込17,280円)
在庫 0 オーダー売切れ中
30,000円(税込32,400円)
在庫 0 オーダー売切れ中
型番 SalakSeed
在庫状況 在庫 0 オーダー売切れ中
購入数
Soldout
>