ブラジリアンバタフライピー(チョウマメ)の種

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ブラジルにだけ自生する珍しい品種です。 12m程度の高木になり、花はフジのように、上から下へと咲きます。 現地ではソンブレロ(つばが広い男性の帽子)と呼ばれています。

和名: ブラジリアンバタフライピー、チョウマメ、クリトリア・フェアチャイルディアナ
英名: Brazilian Butterfly Pea、Sombreiro
学名: Clitoria fairchildiana
カラー: パープル

原産国: サルバドル・ブラジル
形態: マメ科チョウマメ属(クリトリア属)、常緑多年草
草丈: 6〜12m
発芽率: 79%
ベランダ栽培: 不可能
耐寒温度: 10℃
種まき: 4〜6月
発芽適温: 17〜25℃
生育適温: 20〜30℃
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 40℃
株間: 5〜10m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
日当たりの良く、水はけの良い場所が適しています。 土質は水はけが良いものを選んでください。

■芽出し
発芽温度が17〜25℃と高いので、サクラが散るまで待った方がベターです。 
1) 一晩水につけて吸水させてください。 
2) 花壇や鉢に直まきか、ポット蒔きで行います。 覆土は2cm程度で十分です。 
3) 発芽までは乾かさないように管理してください。

■定植
適期は5月〜6月です。 土の質は選びませんが、水はけが悪いところでは生育が悪くなることがあるので、川砂や腐葉土を混ぜ込んでください。 2年で2.5m程度の高さまで育ちます。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を午前中に与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
植え付けの時に一緒に行ってください。 遅効性の肥料を土に混ぜ込んでおいてください。 発芽〜生育が進んでくる6月ごろに、追肥として固形肥料を与えます。 根元に肥料を置くと肥料やけするので、株元から少し離してください。

■冬越し
晩秋に霜や寒さで枯れることが多いですが、本来は常緑の多年草です。 暖地では晩秋に枝を切り摘めて寒さや霜、凍結に気をつけてください。 幹が木質になれば0℃まで耐えます。

【利用】
観賞用。
10粒30粒50粒100粒300粒
型番 BrazilianButterflyPeaSeed
在庫状況 18 オーダー
販売価格
900円(税込972円)
購入数
オーダー
>