カラタチの苗: 実生苗(10〜20cm) 

チョウの飼育用の小さいサイズです。 台木にするには早すぎます。

大きなトゲがあるのが特徴で、柑橘類の中では耐寒性が高い品種です。 アゲハチョウのエサとしても知られています。 全ての柑橘類の台木として使えます。 カラタチは、国内の柑橘類の95%で台木として使われています。 柑橘の多くは常緑樹ですが、カラタチは落葉樹です。

和名: カラタチ、枳殻、枸橘
英名: Hardy Orange 、Bitter Orange
学名: Poncirus trifoliata

産地: 神奈川県
形態: ミカン科カラタチ属、落葉広葉/低木
サイズ: 3号ポットに1株、10〜20cm
植栽適地: 日本全国
鉢植え: 可能(4号以上推奨)
日照条件: 日なた
仕様: 素掘り(ポットは付きません)
幹の太さ: 0.5〜1cm
栽培難度: ★

耐暑温度: 強
耐病性: 強
耐陰性: 強

【栽培方法】
一般的な柑橘類の栽培方法と同じです。

■環境
カラタチは日当たりのよい場所を好みます。 強風の当たらない日当たりのよい場所に鉢を置くと良いです。 カラタチは耐寒性があり、日本全国どこでも地植えが可能です。 冬は株元をわらなどで覆って霜が直接当たらないようにしてください。

■水やり
鉢の表面が乾いたら、鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えてください。

■肥料
3月と10月に化成肥料を施してください。 肥料は何でも構いません。

■植え付け
植え付けは、2月〜4月が適期です。 鹿沼土や赤玉土に植え、乾燥しないように管理してください。

■植替え
カラタチは2年で台木として使うことができます。 あらかじめ8号程度の鉢に植えておくと植え替えの必要がなく、そのまま台木として使うことができます。

カラタチを観賞用にしたいのであれば、2年に一度は鉢をひと回り大きなものに植え替えてください。 柑橘類は細い根がたくさん発根するので、根腐れを起こさないためには2年に1度は植え替えを行ってください。

■剪定
台木にするのであれば放置でも構いません。 観賞用にするのであれば、カラタチは樹形を整える必要があります。

放っておくと逆三角形になりますし、内部から枯れて見苦しくなります。 枝は開き気味に育て、内部の込み入った枝を剪定してください。

【用途】
果実酒、健胃作用・利尿作用・去痰作用、アゲハ類の食草。 未成熟の果実を乾燥させたものは枳実(きじつ)と呼ばれる生薬です。 フィンガーライムを含む、全ての柑橘類の台木として使えます。

【ポイント】
接木をするポイントは、とにかく幹を太くして根張りを良くすることです。 

【送料について】
全国均一1,200円で出荷致します。
他の商品と同時購入出来ませんのでご了承願います。

【納期について】
10日以内にお届けします。
1本4本6本12本24本
型番 Karatachi10
販売価格
600円(税込648円)
購入数
オーダー
>