カエンボク(アフリカンチューリップツリー)の種

熱帯三大花樹(アフリカン・チューリップ・ツリー、 ジャカランダ、 ホウオウボク)の一つです。

葉は羽状複葉をなし、若葉のころは象牙色、成長すると光沢のある緑になります。 赤〜オレンジ色の、つり鐘形の大きく派手な花を枝先に多数咲かせ続けるので、見た目が非常に豪快な木です。 世界中の熱帯域に街路樹や庭園木、観賞目的の花木として広く移入されています。

和名: カエンボク、アフリカンチューリップツリー、アフリカユリノキ、火炎木
英名: African Tuliptree、Fountain Tree、Pichkari、Nandi Flame
学名: Spathodea campanulata

原産国: イーストロンドン・南アフリカ
形態: ノウゼンカズラ科カエンボク属、常緑高木
樹高: 5〜20m
種まき: 4〜6月
発芽適温: 20〜27℃
発芽率: 66%
pH: 5〜6
受粉樹: 不要
用途: 観賞用
鉢植栽培: 可能 *5号以上
接木: 可能
株間: 7〜10m
生育温度: 20〜30℃
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 40℃
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■環境、土壌
陽当たりが良い場所で育ててください。 温室ハウスでも育ちますが、花付きは悪くなります。 露地栽培は、沖縄や小笠原諸島で可能です。  寒さが厳しい場所では、5号以上の鉢植えをしてください。

■芽出し
発芽適温が高いので、十分に暑くなってから播種してください。 覆土は5mm程度にしてください。

■水やり
乾燥には強いので、葉の勢いが悪くなってきたら水をあげてください。

■肥料
花のつぼみがついてから適度に肥料をあげてください。

■越冬について
幹が木質になったら多少の霜が降りても越冬します。 鉢植えは4月になるまで室内で管理してください。

■増やし方
実生、挿木、取木、株分けで増やせます。

【利用】
観賞用として。
20粒50粒100粒300粒
型番 AfricanTuliptreeSeed
販売価格
600円(税込648円)
購入数
オーダー
>