ホワイトウッドミント(ヨウシュハッカ)の種

ヨーロッパ〜中央アジアに分布する品種で、芳香があり、料理用やグラウンドカバーとして最も利用されているミントです。

ハッカ Mentha canadensis とヨウシュハッカ Mentha arvensis は別種として分類されていますが、中間的なものも見られ、典型的なものでないと外観では区別できません。 ヨウシュハッカ Mentha arvensis L. (field mint, corn mint ,wild mint)は、アメリカ内ではMentha canadensisと同種として扱われ、Mentha canadensisを指す解説のものが多いです。 ヨーロッパ原産のものはvar. arvensisとして区別されています。

和名: ホワイトウッドミント、クールミント、ヨウシュハッカ、フィールドミント、コーンミント、ワイルドミント
英名: White Wood Miint
学名: Mentha arvensis

原産国: ロッテルダム・オランダ
形態: シソ科ハッカ属、多年草
収穫: 60日
草丈: 20〜70cm
種まき: 4〜7月、9〜10月
発芽適温: 20〜25℃
発芽率: 90%
ベランダ栽培: 可能
生育適温: 16〜21℃
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 30℃   
株間: 10〜15cm
連作障害: なし
栽培難度: ★ 

【栽培方法】
■育てる場所・土
一般的な腐葉土で問題ありません。 暑さと高温に弱いので夏場は半日日陰で育てましょう。

■芽出し
種をばら蒔きして、土をかける必要はありません。 種を蒔いた後は、水を与えますが、種が流れてしまわないように霧吹きを使って静かに水を十分かけてください。 あとは芽が出るのを待ちますが、芽が出るまでは比較的気温が安定する室内に置いたほうがベターです。 また、土が乾燥しないように時々霧吹きで水を与えるようにします。

■水やり
適度な湿り気を好むので水やりは多めに行います。

■肥料
堆肥性の野菜なので大株に育てるには肥料切れに注意しましょう。

■植え替え
プランターやポットで栽培する場合は、1年に一回春に植え替えてください。

【注意】
1) 地下茎でどんどん増えますのであっという間に広がってしまいます。 庭に植える場合には他の植物に影響を及ぼさないように土の中まで仕切りなどを入れる工夫が必要です。 
2) ミント類は、別の種類のミントでも交配して雑種ができてしまいますので同じ種を保ちたい場合には、 種を取らずに挿し芽や株分けで増やしてください。 1種類のミントしか植えていない場合でも蜂などが他の品種の花粉をつける場合がありますので こぼれ種で雑種が出てこないように花が咲きそうな場合は咲く前に収穫して利用したほうが良いでしょう。
20粒50粒100粒300粒500粒
型番 WhiteWoodMintSeed
販売価格
400円(税込432円)
購入数
オーダー
>