ブラックシード(ブラッククミン)の種

栽培用のブラックシードの種子を販売しているのはマルシェ青空だけです。

可憐な花が美しく、この花を指して英語には“Love in a mist(霧の中の恋)”というロマンティックな別名があります。 青もしくは白い花を咲かせます。

ローマン・コリアンダー(Roman coriander)、ブラック・セサミ(black sesame)、ブラック・クミン (black cumin)、そしてオニオン・シード(onion seed)などの様々な名前で呼ばれています。 現在最もよく知られている名前は「ブラック・シード」であり、これはその外観的特徴を最も的確にとらえた名前と言えます。 種がキャラウェイ(ヒメウイキョウ)と見た目が同じなので混同されやすいですが、別の品種です。

砕くとニンジンやナツメグのような香りがします。 ブラックペッパーの代用にされたりパンやケーキに振りかけたりします。 インド料理にはよく利用され、「ナン」をはじめ、中近東〜トルコでもケシの実(ポピーシード)と同じ様な利用法で幅広く味・香り付けに利用されています。

地中海沿岸から西アジアに分布する一年草で、16種があります。 白や青、紫紅色の花弁のように見える部分は萼片で、苞と呼ばれる糸状の葉が花を包むように覆っています。 本当の花弁は退化していて目立ちませんが、八重咲きの品種では花弁が萼片のように発達しています。 一般に親しまれる種は、南ヨーロッパ原産のクロタネソウ(Nigella damascena)です。 秋まき一年草で、花壇植えや切り花として利用されています。 花後にできる果実は大きく発達し、このころに収穫して風通しのよい日陰に吊るして乾燥させれば、ドライフラワーになります。 また、果実には多くのタネが入っていて、バニラのような芳香があります。 こぼれダネでもよくふえます。 インドでカレーのスパイスとして利用される種はニゲラ・サティバ(Nigella sativa)で、ブラッククミンと呼ばれていますが、日本ではほとんど栽培されていません。

この植物の栽培および使用の最も古い記録は、古代エジプトにまで遡ります。 ブラックシードのオイルは、エジプトのツタンカーメン王の埋葬室でも発見されており、これは約3,300年前の古さを誇っています。 アラビア文化圏では、ブラックシードはHabbatul barakahとして知られていますが、これは「祝福の種(seed of blessing)」という意味です。 また、イスラム教の預言者モハメッドは、この種について「死以外のあらゆる病を癒す薬」であると話していたとされています。

伝統的にブラックシードの健康上のメリットとされているものは、生物医学文献に徹底的に立証されています。

【ブラックシードの効能】
鎮痛作用(痛み止め)
抗菌作用
抗炎作用
抗潰瘍作用
抗コリン作用
抗かび作用
降圧作用
抗酸化作用
抗けいれん作用
抗ウイルス作用
気管支拡張作用
グルコネオゲネシス抑制作用(抗糖尿病作用)
肝臓保護作用
低血圧
インスリン感作
インターフェロン誘起物質
ロイコトリエン拮抗薬
腎臓保護作用
腫瘍壊死因子α阻害薬

和名: ブラックシード、ローマン・コリアンダー、ブラックセサミ、ブラッククミン、オニオンシード、ニゲラサティバ、ニオイクロタネソウ
英名: Black Cumin
学名: Nigella sativa

原産国: カリフォルニア州・アメリカ
形態: キンポウゲ科クロタネソウ属、一年草
栽培期間: 80〜90日 (収穫サイズによる)
種まき: 下記参照
形態: 一年草
適正土壌pH: 6〜7
種蒔き: 3〜6月、9〜11月
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 80%以上
草丈: 40〜100cm
栽培可能地域: 日本全国
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 28℃
プランター栽培: オススメ!
株間: 10cm
条間: 20cm
連作障害: なし
難易度: ★

種の重量:
100ml = 61.54gm = 30,315粒

【栽培方法】
■環境、土壌
用土は水はけの良い用土で日当たりの良い場所で育ててください。 

■芽出し
発芽温度が低いため、通常晩秋まきの一年草ですが、-10℃以下になる寒い地域の場合は3月〜4月に蒔くと良いです。 直根性の為、定植場所に2〜3粒蒔いて、覆土は5mm以下にしてください。 5cm程度伸びてから間引きしてください。 例えば7月に蒔く場合には、高温になると発芽率が下がるため、5cmの大きさになるまで室内で栽培してから屋外に定植しても大丈夫です。

通常晩秋に蒔くと4月〜6月が開花期になります。 種子は用土に隠れていないと発芽しないため、5mm程度しっかり土を被せてください。 

■肥料
肥料が多いと軟弱な株になるため、控えめが良いでしょう。

■冬超し
耐乾性は強いですが、寒冷地では敷きワラなどの防寒対策を行ってください。

■収穫
開花後、完全に茶色く乾燥してから収穫してください。
収量は株間10cm x 条間20cmで、150〜400kg/haです。 
150kg/ha = 15kg/m2

【利用方法】
ブラックシードのレシピはクックパッドで豊富に紹介されています。 
ブラッククミンオイルを作ることもお勧めです。

ブラックシードはナツメグなどに似た香りが特徴の食品です。 クセがあるので、そのままスプーンですくって食べる、といったことはおすすめできません。 海外ではミルなどで粉末状にしてから、スパイスとしてサラダにトッピングしたりパン生地に混ぜて焼いて楽しんだりしている人もいるので、ぜひ試してみてください。

また、ブラックシードオイルはさらに風味が強く感じられるため、オリーブオイルやココナッツオイルのようにそのまま使うことに抵抗を感じる場合も。 カレーやスープなどの料理に混ぜる、ドレッシングやヨーグルトに加えるなどの方法で食べると、クセが気にならなくなります。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
50粒100粒300粒500粒1000粒3000粒5000粒10000粒
型番 BlackCuminSeed
販売価格
400円(税込432円)
購入数
オーダー
  • ジャウィ
  • 40代
  • 女性
  • 2017/07/06 23:30:12
種が取れました!
ブラックシードは、インドネシアで勧められて、健康のために、種やオイルを摂取していました。特に摂取しはじめに、顕著に体調が良くなったので、どんな植物か興味があり、日本に帰国後、昨年の秋に購入して、種まきしました。初めは、発芽はするものの、うまく育たず、何度も種まきをし直しましたが、そのうちいくつかが無事に育ち、花が咲き、種が取れました!育つ過程が見られて満足です。
  • 釣吉丸
  • 50代
  • 男性
  • 2017/05/02 19:57:31
早く咲かないかな〜〜〜
釣りキチ@石垣島です。
2月に1000蒔いて、ほぼ全て芽が出ました。固定種なのでバラバラといった感じでしたが。土を被せないでも違いは判りませんでした。
おかげさまでここまで育ちました。釣りシーズンも始まって、海と畑を往復して、まだかまだかと花を待ってるところです。
  • エリカ
  • 30代
  • 女性
  • 2017/05/02 19:45:15
無事発芽〜祝!
何度も素人お質問にお答えくださりましてありがとうございます。(涙目)5千粒購入したものです。

2回目は覆土を5ミリ程度にしたらジャンジャン発芽しましt。9割以上の発芽率にはとても満足してます。いきなり3千粒も蒔くんじゃなかった。。アハハ

新規就農者ですが、これからもよろしくお願いします。

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています

>