ホワイトチェリートマトの種

アメリカのスーパーマーケットでは5年前から並んでいます。 日本ではまだ売られていない大変珍しい白いプチトマトの種です。 赤いトマト、黄色いトマト、黒いプチトマトと一緒に添えると楽しくなりますね。 

「チェリー」とは無関係で、糖度は一般的な赤いプチトマトと同じです。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された黒トマトを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: ホワイトチェリートマト、ホワイトプチトマト
英名: White Cherry Tomato、White Mini Tomato
学名: Lycopersicon esculentum

産地: オレゴン州・アメリカ
草丈: 1.5〜2.5m
発芽適温: 20〜30℃
発芽率: 90%
栽培適温: 15〜35℃
栽培難度: ★    

【栽培方法】
一般的なプチトマトと同じ栽培方法。 サイズも3cm弱で、一般的なプチトマトと同じです。 比較的に育てやすい品種です。

【納期】
2〜10日以内に出荷します。
20粒50粒100粒300粒500粒
型番 WhiteTomatoesSeed
販売価格
600円(税込648円)
購入数
オーダー
  • DARUMA
  • 40代
  • 男性
  • 2017/04/25 11:52:00
ホワイトチェリートマトの発芽(*^-^*)
ホワイトチェリートマトの播種後に簡易式ビニールハウスで発芽を待っていました。
外気温がなかなか上がらないなか、ハウスの中は外気温+5℃を維持。
そして、日当たりが良い時は30℃〜35℃になります。
日当たりがいい時間は13時くらいから16時くらいの3時間。
夜は外気温が10℃くらいまで下がりますがハウス内は15℃前後です。
そんな条件で播種ご5日で発芽まで至りました。
今後はハウスから出して玄米酵素アミノ酸を与えながら、色んな条件で生育を観察していきたいです。
  • DARUMA
  • 40代
  • 男性
  • 2017/04/18 17:58:46
遂に冬越しをしたホワイトチェリートマト
遂に冬越しをしたホワイトチェリートマト。
昨冬から室内でも10度前後になる夜を何度も経験し、徒長しすぎて接ぎ木をし、もう枯れるかなと覚悟していましたがやっと春になり、これからどんな成長をしていくか楽しみです。
接ぎ木部分もしっかり活着しているし。
4月17日に播種した同じロットのホワイトチェリートマトとどちらの身なりがいいか楽しみです。
  • DARUMA
  • 40代
  • 男性
  • 2017/01/31 12:58:15
徒長していた茎を挿し木
徒長していたホワイトチェリートマトの、接ぎ木用穂木を取った後の部分を3分割してさし木してみました。
一本は根が付いていますが、2本は茎の途中なので根は付いていません。
しかしトマトは発根、しやすいので今後根がはり、気温が高くなると葉が出て栽培に使えるか期待しています。
購入後の残りの種子は、然る時期に播種する予定です。

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています