ヒッポブロマ・ロンギフローラ(星アザミ)の種

3〜10月に白い可愛らしい花を咲かせます。 葉はタンポポに似ています。

全草に強いアルカロイドが含まれているので有毒植物です。 切り口などからでた乳汁に触れると炎症を起こすので注意してください。

和名: ヒッポブロマ・ロンギフローラ、星アザミ、馬酔草
英名: Sar of Bethlehem、Longflower Laurentia
学名: Hippobroma longiflora (Isotoma longoflora)

原産国: モア・キューバ
形態: キキョウ科ヒッポブロマ属、常緑多年草
草丈: 50〜70cm
種まき: 2〜8月
発芽適温: 15〜23℃
発芽率: 76%
耐寒温度: 3℃
耐暑温度: 27℃
栽培可能地域: 日本全国
プランター栽培: オススメ
株間: 20cm
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■環境、土壌
半日を好みます。 一般的な用土にピートモスを1/2交ぜて水はけを良くしてください。

■芽出し
1) 種を水に12時間程度つけてください。
2) 覆土を2mm程度にして播種してください。
3) 発芽するまで土の表面が乾かないように注意してください。 10日程度で発芽します。

■水やり
土の表面が乾いたら水をあげてください。

■肥料
肥料は苗を植え付ける際にゆっくりと効くものを土に混ぜ込んでおきます。 追加(追肥)として化成肥料などをばらまきます。 追肥は生長している時期(花を咲かせている時期も含む)適宜行います。

■冬越し
3℃以下になる場所では室内で越冬させてください。

【利用】
観賞用
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 HippobromaLongifloraSeed
販売価格
500円(税込540円)
購入数
オーダー
>