ブラックマスタード(クロガラシ)の種

茎は直立して高くのび、上方で分枝します。 根生葉は奇数羽状複葉で、頂小葉が大きい。 茎葉は楕円形で鋸歯があるのが特徴です。 下部では葉柄があるが、上部ではなくなり、互生します。 薹がたつと、枝先の総状花序に、 直径約1センチの黄色い4弁花が咲きます。 果実は棒状の長角果で、丸い種子は暗褐色で辛みがあり、 ブラックマスタードとして香辛料や生薬として使われます。

【注意】
葉は有毒で、生のままでは食べられないので、リーフマスタードと混同しないでください。

和名: ブラックマスタード、クロガラシ、黒芥子
英名: Black Mustard
学名: Brassica nigra

原産国: バレンシア・スペイン
形態: アブラナ科アブラナ属、1年草
分類: 固定種
栽培日数: 30日
草丈: 80〜120cm
種まき: 3〜5月、9〜10月
発芽適温: 15〜25℃
発芽率: 88%
耐暑温度: 30℃
耐寒温度: -8℃
pH: 6.2〜6.8
株間: 30〜50cm
連作障害: あり。 1〜2年あける
栽培難度: Level 2

【栽培方法】
■土壌、環境
冷涼な気候を好み、暑さには弱いです。 一般的に越冬型の方が香りが強くなります。 苗の植えつけの2週間前までに石灰を入れて深く耕し、1週間前までに元肥を入れてよく耕してください。 pHは6.2〜6.8になるように調整してください。

■育苗
条間20cmでまき溝をつけ、1〜2cm間隔で条播きにしてください。 軽く覆土して鎮圧し、たっぷりと水をあげてください。

■定植
本葉が5枚程度出たら畑に定植してください。 定植の際には、畝に深さ20cm程度の溝を掘り、株間を30〜50cmに立てて置き、土を軽く被せてください。 

■追肥
生育が旺盛になったころに3回か4回追肥と土寄せをしてください。

■収穫
サヤが完全に乾燥してから収穫してください。

【利用】
香辛料として。 春の若芽を摘んで、軽くゆでて水にさらしてアク抜きしてから、おひたし、辛子あえ、白あえ、一夜漬けに、生のまま天ぷら等に良いです。

【納期】
2〜10日以内に出荷します。
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒3000粒
型番 BlackMustardSeed
販売価格
400円(税込432円)
購入数
オーダー
>