アルピニア・ロックスバージの種

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ヒマラヤ山脈からインドネシアの標高400〜1,200mに自生する品種です。 蘭のような花を咲かせ、光沢があるのが特徴です。

和名: アルピニア・ロックスバージ
英名: アルピニア・ロックスバージ
学名: Alpinia roxburghii (Alpinia blepharocalyx)

原産国: ホング・カンボジア
形態: ショウガ科ハナミョウガ属、常緑多年草
草丈: 1〜3m
種まき: 3〜6月
適正土壌pH: 5〜7
発芽適温: 18〜25℃
発芽率: 88%
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 35℃
栽培可能地域: 関東以南
ポット栽培: 可能
株間: 30〜50cm
連作障害: なし
栽培難度: Level 1

【栽培方法】
■環境・土壌
土質は特に選びません。 一般に市販されている土壌で栽培が可能です。 地下茎は横に這い、あちこちから地上に偽茎を立てるので、増殖しても良い場所を選んでください。 花は高さ1mからでも咲きますが、環境さえ良ければ4mまで育ちます。

霜が下りる地域では露地植えしないで、鉢植えをオススメします。

■種まき
3〜6月に蒔いてください。 覆土は1cm程度で十分です。 発芽まで1〜2ヶ月かかります。 発芽するまで土が乾かないように注意してください。

■水やり
鉢植えの場合には春先〜落葉するまでは表土が乾いたらたっぷりとあげてください。 休眠期は控えめにやりますが、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。

ポットに培養土を入れてから、直接蒔いてください。 覆土は特に必要ありません。

■植え替え
成長が早いので、鉢の下から根が出てきたら大き目の鉢に植え替えてください。 

■越冬
南国の植物なので、夏場や暑い時期は屋外でも問題ありませんが、冬場など寒い時期は屋内で育ててください。

【利用方法】
観賞用

【納期】
2〜8日以内に発送します。
20粒50粒100粒300粒500粒
型番 AlpiniaRoxburghiiSeed
販売価格
650円(税込702円)
購入数
オーダー
>