イブニングプリムローズ(メマツヨイグサ)の種

花は夕方から咲き始め、朝になると萎むのが特徴です。 黄色い花はお月見の季節に夜咲くことから、文学作品にも登場し話題になりました。 花は2〜5cmで、仲間のオオマツヨイグサ(5cm以上)よりも小型です。

和名: イブニングプリムローズ、メマツヨイグサ、雌待宵草
英名: Evening Primrose
学名: Oenothera biennis

原産国: カルガリー・カナダ
形態: アカバナ科マツヨイグサ属、2年草
露地栽培: 日本全国
草丈: 60〜150cm
種蒔き: 10〜12月
発芽適温:9〜15℃
発芽率: 81%
プランター栽培: オススメ
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 27℃
株間: 10〜15cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■土壌・環境
日なたで育ててください。 日陰には耐えられません。 庭植えは、日当たりのよい場所を選び、水はけがよくなるように土を盛って高くしてください。 元の土が粘土質の場合は鉢植え用土を客土するか、赤玉土や軽石などを混ぜて土壌改良を行ってください。

■芽出し
1) 種を乾燥させたまま冷蔵庫に3日間保管してください。 寒さに当てないと休眠打破出来ません。
2) 露地に直播しても構いません。 覆土は5mmで十分です。 越年草なので、秋に芽生えロゼットで冬を越し、翌年茎を伸ばします。

■定植
ロゼット状の本葉が3枚以上になってから定植してください。 定植は越冬後の3〜4月です。

■水やり
鉢植えは、表土が乾いたら十分に水を与えてください。 庭植えは、基本的に与える必要はありませんが、晴天が続き地面が乾いているようなら与えてください。

■肥料
鉢植えの場合、育苗中には春から夏にかけて草花用の肥料を少量施してください。 量が多すぎると枝葉ばかり茂りすぎるので、控えめにしてください。 庭植えの場合は必要ありません。

■冬越し
冬は霜よけ程度の保護をしてください。

【利用】
切花として。
20粒50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 EveningPrimroseSeed
販売価格
600円(税込648円)
購入数
オーダー
>