ゴムタンポポ(ロシアンダンデライオン)の種

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ゴム製品の多くは石油を原料とした合成ゴムまたはパラゴムノキから得られる天然ゴムを主成分としています。 天然ゴム生産に用いられるロシアンタンポポはカザフスタンを原産とし、その根からは白く粘度の高い液体が分泌されます。 この液体にはゴム粒子と呼ばれる物質が含まれているのですが、これまで天然ゴムを生産するのに使われてきた「ゴムノキ」から採れる成分に匹敵した自動車用タイヤとして十分な品質を持つ原液を採取することができることが分かっています。 根には8〜10%のゴム成分が含まれます。

和名: ゴムタンポポ、ロシアンダンデライオン、ラバールート
英名: Rubber Dandelion、Russian Dandelion、Rubber Root
学名: Taraxacum kok-saghyz

原産国: サマルカンド・ウズベキスタン
形態: キク科タンポポ属、多年草
草丈: 15〜25cm
栽培期間: 60〜70日 (収穫サイズによる)
適正土壌pH: 7〜8
発芽率: 56%
種まき: 3〜6月
栽培可能地域: 日本全国
生育温度: 15〜20℃
耐寒温度: -20℃
耐暑温度: 35℃
プランター栽培: オススメ!
株間: 20cm
連作障害: なし
栽培難度: Level 1

【栽培方法】
■栽培環境
日当たりが良い場所を好みますが、真夏の直射日光は強すぎるので半日で管理してください。 土質は特に選びません。 過酷な環境でも丈夫に育ちます。

■芽出し
ポットに培養土を入れ、4〜5ヶ所にくぼみをつけて種を蒔いてください。 薄く覆土をし、発芽まで乾かないようにします。 高さ5〜8cm程度になったら間引いてください。 10cmになってから植え付けてください。 

■定植
苗は秋か春に定植してください。 屋外での定植は、5月に入って遅霜の心配がなくなってから、半日陰に定植してください。 肥沃で水はけの良い土に、有機配合肥料などの元肥を埋め込んで定植。2週間に1回程液肥を与えてください。 水はけが悪いと根腐れし易いので注意してください。

■水やり
タンポポを鉢植えにした場合は、土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。 庭植えにした場合は、降雨だけで十分です。 日照りが続いて乾燥するようであれば、水をやってください。

■肥料
生育時期である春から夏にかけて適宜、薄い肥料をあげてください。 肥料はなくても育ちます。 肥料が多いと葉が巨大化してバランスが悪くなります。

■増やし方
種、株分けして増やしてください。

■越冬について
上部が枯れても根が生きているので、春になれば再び芽吹きます。

■利用
ゴム成分の抽出、観賞用。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 RussanDandelionSeed
販売価格
750円(税込810円)
購入数
オーダー
>