ダナエ・ラケモサ(イタリアンルスカス)の種

*** 日本初上陸の品種です。 ***

花言葉「陽気」です。 イランから小アジアに分布しています。 ダナエ・ラケモサは、イラン北部の地元社会の文化において、特別な位置づけを有していました。 古代人の多くは、この植物が常緑樹であり、枯れないことから、この植物を家族の無病息災や長寿、新鮮さのシンボルとしていました。 枝条は槍形の葉状で光沢がありササのようです。 葉状茎は尖って光沢があり明緑色です。 

果実は、直径7ミリから9ミリほどの小さな赤いボール状になっています。 春に開花し夏に果実が実ります。 さらに、秋に種子が拡散することで、また根などの栄養器官の分根によって繁殖します。 種は半透明でイクラの大きさです。

和名: ダナエ、ダナエ・ラケモサ、イタリアンルスカス、笹葉ルスカス
英名: Alexandrian Laurel
学名: Danae racemosa

原産国: アシバガート・トルクメニスタン
形態: ユリ科ダナエ属、常緑低木
自家結実性: 雄雌同株
樹高: 80〜100cm
葉張り: 70〜100cm
ベランダ栽培: 可能
種まき: 3〜6月
発芽適温: 22〜27℃
発芽率: 77%
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 34℃
株間: 2〜5m *剪定による
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■環境、土壌
日当たりがよく、表土が深い肥沃な土地を好みますが、やせた土地でも生育します。 黒土に腐葉土などを混ぜた、腐植質が多く、通気性と保湿性に優れた土が適します。

■種蒔き
覆土は1cm程度にして春に蒔いてください。 発芽まで2〜3週間かかります。 発芽するまで土の表面が乾いたら適度に水をあげてください。

■水やり
比較的乾燥には強いので、露地栽培の場合にはそれほど注意する必要はありません。 鉢植えは、夏の水切れに注意してください。

■肥料
果実の後に適量与えてください。

■剪定
こみあった枝や樹形から飛び出るほど長く伸びた枝(徒長枝)を切る間引き剪定が基本です。 適期は3〜4月です。

■植え替え
成長はそれ程早くないので、2〜3年に1度植え替え通気性を良くしてください。

【利用方法】
観葉植物として。 実は食用ではありません。
5粒20粒50粒100粒
型番 DanaeRacemosaSeed
販売価格
700円(税込756円)
購入数
オーダー
>