ブッドレア(バタフライブッシュ、フサフジウツギ)の種

枝先に小さい花を豪勢に付けます 花は「藤」を思わせ、葉は対生して「空木」のようであることから房藤空木と命名されました。 蝶や蜂が大好きな花なので、Butterfly Bushとも呼ばれています。

和名: ブッドレア、バタフライブッシュ、房藤空木、フサフジウツギ
英名: Butterfly Bush
学名: Buddleja davidii
花の色: 藤、白、紫のミックス

原産国: ウィスコンシン州・アメリカ
形態: ゴマノハグサ科フジウツギ属、半常緑低木
草丈: 2〜3m
種まき: 4〜6月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 20〜25℃
発芽率: 84%
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 37℃
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 不可能
株間: 1〜2m
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■環境、土壌
日光を好みます。夏の暑さに若干弱いところがありますが、それでも枯れるほどでもなく、霜にあたって落葉しますが春には芽吹きます。 初心者向きの育てやすい植物です。 大きく育つので、鉢植えでは栽培しません。

■芽出し
1)ポットに培養土を入れてから、直接蒔いてください。 種は極小なので、覆土は5mm以下にしてください。
2)発芽するまで霧吹きで水をあげてください。

■定植
苗は、3月上旬から4月上旬の新芽が伸び始める前に定植してください。 植えつけは、根鉢の大きさの倍の深さと幅の植え穴を掘り、腐葉土や完熟堆肥、ピートモスなどを混ぜ入れて植えつけます。 根鉢の周りに十分に水を注ぎ、棒などでつついて、根と植え土を馴染ませてください。 根が粗く細根が少ないので、移植は難しい植物です。 移植する場合は、半年以上前に根切りをし、細根を出させておきます。

■水やり
乾燥には強く、シメジメした土を嫌います。 水をやるときは土を触ってみて濡れているようであれば水やりは控えてください。 庭植えにした場合は降雨だけでほとんど水をやる必要はありません。

■肥料
肥料はほとんど必要ありません。 早く大きくしたい場合は、3月の剪定と同時期に、緩効性の化成肥料などを施してください。

■夏対策
夏の暑さに若干弱く、花が休むこともあります。 この時期に焦って肥料をやらないようにしてください。

■採種
花の後には、長さ3cmくらいの豆果(莢の中に種子が入るもの)をつけます。 種飛ばしに注意してください。 豆果が茶色くなってきたら、袋を被せて種をキャッチ出来るようにしたほうがベターです。 こぼれ種からも次の年に芽が出ます。

■手入れ
花が終わったらこまめに摘んでやると次の花が咲きやすくなります。 終わった花をそのままにしていると、栄養が種子へとまわり、株の栄養が次の花に回らなくなります。 花ガラは花が咲いているところから数節下から切り落として下さい。 花ガラ摘みをしっかりとしていると、長期間花が咲きます。

■剪定
あまりに細い枝に花がつくと、花の重みで折れてしまいます。 早めに切ってください。 ひこばえというのは幹から出る枝ではなくて、地面からヒョロっと出てくる細い枝で、勢いはありますが邪魔なので早めに切ってしまいます。

■冬越し
耐寒性はあるので、防寒対策は特に必要ありません。 冬になり霜に当たると落葉しますが、春になればまた芽吹いて花を咲かせます。

【利用方法】
蜜源、切り花として。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 ButterflyBushSeed
販売価格
450円(税込486円)
購入数
オーダー
>