メキシカンスイートハーブ(リッピア)の苗: 3号ポット

ヒメイワダレソウと同じリッピアで繁殖力が旺盛です。 横へと地下茎をのばして増えますので、グランドカバーに適しています。釣りポットで育てるのがオススメです。 夏に花が咲き、冬は地上部が枯れてしまいますが、春になれば芽吹きます。

葉っぱが砂糖の1,000倍の甘さを持ちます。 ステビアの4倍の甘さです。

種子は以下で販売しています。
http://www.marcheaozora.com/?pid=104665593

和名: メキシカンスイートハーブ、リッピア
英名: Mexican Sweet Herb、Aztec Sweet Herb、Mayan Herb
学名: Lippia dulcis

原産国: カリフォルニア州・アメリカ > 神奈川県で育苗
形態: クマツヅラ科イワダレソウ属、多年草
草丈: 20〜30cm
栽培期間: 60日〜
ベランダ栽培: 可能
生育適温: 15〜21℃
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 30℃以上はNG
株間: 10〜15cm
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■育てる場所・土
一般的な腐葉土で問題ありません。 暑さと高温に弱いので夏場は半日日陰で育てましょう。

■水やり
乾燥気味を好みます。

■肥料
春から秋に掛けて、肥料があればよく育ちますが、無かったからといって枯れたり、生育が極端に悪いということもありません。 春から秋は1週間に1回程度液肥をやるか1カ月に1回緩効性肥料をあげてください。

■鉢替え
プランターやポットで栽培する場合は、1年に一回春に植え替えてください。

■収穫
適当な大きさになった葉を収穫してください。 どれだけ収穫してもどんどん新芽が出てきます。 

■増やし方
挿し木で簡単に増やせます。 硬く充実した部分の茎を2〜3節切り、下葉を落としてください。 湿らせた挿し床に挿し、乾かさないように日陰で管理していると、3週間後には十分に発根し、鉢などに植え付けることができます。

■越冬
耐寒性が弱く、5℃以上が必要なため、庭植えの場合は掘り上げて、鉢植えで冬を越してください。 気温が下がると、葉が赤く色づいてしまいます。 暖地なら、株元を腐葉土などで覆い、苗キャップなどで保温すれば、庭植えでも冬越し出来ます。

【注意】
地下茎でどんどん増えますのであっという間に広がってしまいます。 庭に植える場合には他の植物に影響を及ぼさないように土の中まで仕切りなどを入れる工夫が必要です。 

【利用】
ステビアと同じく、砂糖の代わりになります。 煮詰めてシロップにしてください。 生葉をサラダに混ぜ込むのもオススメです。

【送料】
日本全国一律1,200円です。
1ポット4ポット8ポット12ポット24ポット
型番 LippiaPlant
販売価格
600円(税込648円)
購入数
オーダー
>