ジャイアントノーブルスピナッチ(ホウレンソウ)の種

多少日当たりの悪いベランダのプランターでも丈夫に育つので、ほうれん草は初心者にお勧めの人気の葉野菜です。 1926年にリリースされた最も巨大化する品種で、葉の長さは65cmになります。 品質と収量の両方が取れるため、加工用に人気があります。

和名: ジャイアントノーブルスピナッチ(ホウレンソウ)
英名: Giant Noble Spinach
学名: Spinacia oleracea

原産国: カリフォルニア州アメリカ
形態: ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属、一年草
草丈: 30〜60cm
栽培期間: 50日
種まき: 2月下旬〜4月上旬、9〜10月
適正土壌pH: 7〜7.5
発芽率: 86%
栽培可能地域: 日本全国
プランター栽培: 可能
株間: 30〜40cm
連作障害: あり。 1年空ける
栽培難度: ★

【栽培方法】
■種蒔き
1)覆土は5mmにして直播してください。
2)3〜10日程で発芽しますが、発芽してすぐのほうれん草は茎がとても細くて弱いので、強い雨に直接当たると折れてしまうことが良くあります。 本葉3〜4枚に育つまでは、雨に当たりにくい場所で育ててください。

■土壌、環境
中性〜弱アルカリ性の土を好みます。 鉢やプランターで栽培するときは、赤玉土(小粒)6〜7:腐葉土2〜3:バーミキュライト1を混ぜあわせて作るか、野菜用培養土を使います。

地植えは、畑の土を耕したら、1屬△燭蠎蠅里劼蕕い辰僂いらいの苦土石灰を混ぜ込み、酸性度合いを調節します。 そして、1週間寝かせてから、堆肥や肥料を混ぜ込んでさらに1週間寝かせてから種まきをしていきます。

■水やり
ほうれん草は、乾燥を嫌うので、鉢植え・地植えにかかわらず水やりをしていきます。 鉢植えは、鉢の表面が乾いたら水やりをしていきます。 地植えは、晴れた日は必ず水やりをしていくくらい頻繁に行うと良いです。 与えすぎは根腐れの原因となるので、土が乾いていないときや夕方は水やりを控えてください。

■肥料
植え付けるタイミングで、野菜用の粒状肥料を混ぜあわせておきます。 その後は、最初の間引きのとき土にひとつまみくらい(10g)の粒状肥料を混ぜて株元に土を寄せます。 そして、その後は10日に1回液体肥料を施すと生育がよくなり、収穫量も増えていきます。

■雨除け
春に種をまいて育てると、梅雨など長雨に当たる機会が多くなります。 たくさんの雨に当たると根腐れを起こすだけでなく、病気にもかかりやすくなるので、雨除けをしていきます。 トンネル支柱をプランターや畝に立て、上部をビニールで覆うと良いです。

■収穫
草丈が20〜25cmになったら、ほうれん草は収穫のタイミングです。 春は種まきから30〜40日、秋は種まきから30〜50日ほどで収穫できるようになります。 十分に育った株は、根本を抑えて土から引き抜いてください。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
50粒100粒300粒500粒1000粒
型番 GiantNobleSpinachSeed
販売価格
400円(税込432円)
購入数
オーダー
>