クラトム(クラトン、ミトラガイナスペシオーサ)の種

*** 日本初上陸の品種です。 ***

クラトム(指定名はミトラガイナ スペシオーサ)は東南アジア原産の植物で、植物の分類としてはコーヒーやジャスミンに近い灌木です。 その葉には精神作用のある成分が含まれ、タイなどでは古くから民間療法に使われてきました。 クラトムは、低用量では興奮作用をもたらし、大量を使うと鎮静作用があるといわれます。 クラトムは、植物系のドラッグとして欧米でも広まっていますが、東南アジア以外ではこれを法規制の対象としている国は少なく、米国でも規制物質法(CSA)の規制対象になっていません。 

なお、現在の欧米諸国で、植物系のドラッグとして広まっている代表格には、サルビア・ディビノラム(日本で最初の指定薬物)、クラトム(日本で二番目の指定薬物)カートなどがあります。 指定薬物の成分を、もともとから体内に持っている植物は、法の規制の対象外となります。

■法律の解釈について

2007年に指定薬物の制度が導入された際、最初に指定されたなかに、幻覚性の植物系ドラッグとして販売されていた、サルビア・ディビノラムも入ってました。 この時の指定は、植物としてのサルビア・ディビノラムとともに、その主要成分であるサルビノリンAも指定薬物に指定されました。 2番目の植物としてクラトムが指定され、同時にその主要成分のミトラジニン、7-ハイドロミトラジニンも指定薬物に指定されました。

【注意】
「乾燥」した植物体(根、葉、茎)は使用可能な指定薬物とみなされるので、所持することは違法です。 鑑賞用として栽培してください。 葉には、Mitragynine、7a-Hydroxy-7H-mitragynine等アルカロイドを含みますので、煎じて飲んだりしないでください。

===============
【注記1】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000115295.html

[植物]  省令名: ミトラガイナ スペシオーサ
通称等:Kratom
備 考:ミトラガイナ属に属する他の種との交雑種を含み、直ちに人の身体に使用可能な形状のものに限る。
===============
【注記2】
「直ちに人の身体に使用可能な形状のもの」
=乾燥し、又は乾燥させた根・葉・茎等
=乾燥し、又は乾燥させた根・葉・茎等を粉砕したもの」

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/132101/files/2014021000671/2014021000671_www_pref_kochi_lg_jp_uploaded_attachment_109610.pdf
===============

和名: クラトム、クラトン、ミトラガイナスペシオーサ
英名: Kratom、Ketum
学名: Mitragyna speciosa

品種: Rifat Strain

原産国: スリン・タイ
形態: アカネ科ミトラガイナ属、常緑高木
樹高: 20m
受粉: 雌雄同株
種まき: 6〜10月
適正土壌pH: 5.2〜7.7
発芽適温: 23〜28℃
発芽率: 23%
栽培可能地域: 静岡以南太平洋側
生育温度: 17〜25℃
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 35℃
プランター栽培: 可能
株間: 5〜10m
連作障害: なし
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
■環境、土壌
高温多湿が好きです。 pHの幅は広く、土質は特に選びませんが、水はけを良くしてください。 木質になるまでは耐寒性が弱いので、鉢(ポット)で栽培することを勧めます。

■芽出し
種は休眠しないので、地温が25℃あれば何月に播種しても問題ありません。 もともと発芽率が20%程度と悪いので、2〜3本の苗を大切に育てて、挿し木で増やしてください。
1) ポット(育苗トレイ)に種蒔き用のキメが細かい無菌の土を入れ、蒔いてください。 覆土はしないでください。 
2) 霧吹きで水分を与えてください。 乾燥が厳しい場合には、容器の上部をサランラップで覆って、湿度を保つようにしてください。 完全に密封するとカビが出る可能性があるので、ある程度の通気があるように調整してください。
3) 発芽まで土の表面が乾かないように室内で管理してください。 理想的な湿度は70%です。

■定植
10cmになってから大きめのポットに植え付けてください。 11月までに15cmに満たない場合には、その冬は室内で越冬させてください。 夏の暑さが厳しい環境の場合、夏至前までに定植させた方がベターです。 ゆっくりと育ち、木質になります。 大きく育てる予定でしたらそれなりの株間をとってください。

■水やり
土の表面は常に湿気がある状態にしてください。 タイの亜熱帯気候をイメージしてください。

■肥料
肥料はそれ程必要としませんが、毎年春に追肥をあげてください。

■受粉
5〜6月に開花します。 3月に播種したら、翌年の5月に花が付きます。

■剪定
剪定は必要ありません。  

■アルカロイド含有量の高め方
エプソムソルトを灌水することで、有意にアルカロイド含量を高めることが出来ます。

エプソムソルト:
http://www.marcheaozora.com/?pid=103655741 

■収穫
秋に地上部分を全て刈り取っても枯れることはありません。 アルカロイドの含有量が最も高いのは7〜11月です。 7月に全て刈り取ると光合成が出来ず株が育ちません。 温暖地では11月、寒冷地では10月の収穫がオススメです。 地上茎を採取し、洗って刻み、日干しにしてください。

■冬越し
灌木の多年草なので、7℃の環境下では地上部は枯れます。 春になれば木質茎から新芽が出てきます。

■増やし方
先端から20cm程度の挿し木で簡単に増やせます。

【利用】
観賞用として。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
20粒50粒100粒300粒500粒
型番 KratomSeed
販売価格
1,200円(税込1,296円)
購入数
オーダー
  • トントン
  • 20代
  • 女性
  • 2017/09/08 05:27:03
珍しかったので
面白い花だったので衝動買いしてしまいました。うまく咲かせることができたらいいな。
>