アスパラソバージュ(ワイルドアスパラガス)の種

ソバージュとはフランス語で「野生」という意味で、本場フランスでは山菜として店頭に並びます。 収穫期間が3〜4週間と非常に短いため、珍重されています。 日本でもフランスから輸入して、洋食を中心に非常に高級な食材として需要が急上昇中です。

アスパラガス(学名Asparagus officinalis)とそっくりで、同じユリ科ですが属は異なります。

一般的なアスパラガスとは少々味が異なります。 サクサクとした歯ざわりと粘り気があり、微かな苦味が効いているのが特徴です。

【栄養成分】
ビタミンA・B1・B2・C・E、カルシウム、カリウム、リンなど。

体力強化、高血圧予防、むくみ改善、肝機能改善などに効果がある。 芽の部分に多く含まれるアスパラギン酸の働きにより、疲労回復に効果がある。また、新陳代謝を促し、滋養強壮、美肌にも効果を発揮する。

和名: アスパラソバージュ、ワイルドアスパラガス
英名: Wild Asparagus
仏名: Asperge Sauvage
学名: Ornithogalum pyrenaicum

原産国: リヨン・フランス
形態: ユリ科オルニガラム属、多年草
草丈: 30〜70cm
栽培期間: 4年
播種: 3〜5月
pH: 6〜6.5
発芽適温: 15〜23℃
発芽率: 85%
耐寒温度: 3℃
耐暑温度: 30℃
栽培可能地域: 日本全国
プランター栽培: 可能(幅60cmなら2株)
株間: 30〜50cm
遺伝子組み換え: なし
連作障害: なし
栽培難度: ★★★

【栽培パターン】
播種: 3月〜5月、苗作り
定植: 2年目の3〜4月
収穫: 3年目の春から収穫開始〜10年程度収穫可能 *収穫のピークは4〜5年目
毎年冬には枯れた茎葉を刈り取ります。

【栽培方法】
一般的なアスパラガスの栽培方法と同じです。

■環境、土壌
長期で栽培可能な畑の専有面積を考慮した上で、植え付け場所を選んでください。 一年を通して可能な限り日に当てて育てます。 日照不足になると茎が間延びしてひょろひょろになったり、葉が落ちます。 真夏は直射日光に当てると葉焼けを起こすことがあるので明るい日陰に移動させてください。 日によく当てることが葉を美しく保つコツです。 

■芽出し
育苗トレイ(セルトレイ)に蒔いて、覆土は1cm程度で十分です。 プランターに3cm間隔で条播きしても大丈夫です。 発芽まで2〜4週間かかります。

■定植
草丈10cmほどになったら、1本ずつポットに鉢上げし、このまま1年育ててください。

■用土
水はけが良い土が適しています。 赤玉土6:腐葉土2:川砂2の割合で混ぜた土を使います。

露地栽培の場合には、定植前年の秋から冬にかけて、30cm以上深耕し排水を良くしておいてください。 1aあたり完熟たい肥300 kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを散布してよく混和しておく。 翌春、過燐酸石灰(粒)10kgを施用し、幅2m、高さ30cm以上の畝を立て、畝面に野菜いちばん20kgを散布し軽く耕す。

■水やり
水やりは、土の表面が乾いてから与えるようにしてください。 アスパラガスは乾燥に対する適応能力が強く、根の所々がダンゴ状にふくらんで水分を蓄えられるようになっています。 逆に過湿に弱いので水のやりすぎには注意し、長雨の時期は雨の当たらない場所に置いてください。 極端に乾燥させてしまうと葉が黄変して枯れてしまうことがあるので、乾きやすい夏の水やりには気を付けてください。

■肥料
生育期に肥料が切れる生長が鈍り、葉色が悪くなります。 月2〜3回液体肥料を与えるか2ヶ月に1回、固形肥料を施してください。 肥料は生育や葉色を見て回数を調整してください。

■手入れ
茎が伸びて草姿が乱れてきたり大きくなりすぎたら適当に切り詰めてください。 生育期間であれば株元から全ての茎をばっさりと刈り込んで、新芽を出させて、新しい茎葉に更新しても良いです。 新芽は茎の付け根や地下からもにょっきり伸びてくるので、多少短く切り戻しても問題ありません。 枯れた茎や下葉の落ちた茎は根元から取り除き、常に株を綺麗にしてください。 枯葉などは見た目が悪くなるだけではなく、病気や害虫の元となるからです。

■植え替え
根の生育が非常に旺盛で、放って置くとすぐ根詰まりを起こします。 プランターや鉢植えの場合には、毎年植え替えてください。 鉢から抜いた株は古い土を1/3ほど落として、古い根を切り詰めて一回り大きな鉢に植え替えてください。 同時に伸びすぎた茎葉も整枝すると良いです。 鉢を大きくしたくない場合は植え替え時に株分けをします。 植え替えの適期は5〜6月です。

■越冬
冬は室内の日当たりの良い場所に置いてください。 寒さで葉が枯れ落ちてしまうことがありますが、根が生きていれば春に新芽を出して復活します。

■収穫
3年目の春から収穫し始めます。(5月〜6月頃が収穫期) 穂先がかたく締まっているアスパラガスを根元から切り取って収穫。高さ20〜25cmが収穫の目安です。

全ての芽を収穫してしまうと、株が弱って翌年以降の収穫量が減ってしまいます。 6月以降に出る芽や細い芽は収穫せずに残しておいて、株に養分を蓄えさせるようにしてください。

■増やし方
種から、もしくは株分けで簡単に増やせます。 株分けの適期は5〜6月、もしくは9月下旬が最適です。 鉢から抜いた株は根を傷めないように古い土を可能な限り落として株を2〜3つに分け、それぞれを鉢に植え付けます。 あまり細かく分けると、その後の生育が衰えることがあるので、ざっくりと大きく分けるのがコツです。 株分けしてすぐは乾かさないように日陰で管理し、徐々に日に馴らして通常の管理に戻してください。

【利用】
調理方法としては、シンプルにニンニクオイルで炒めて、好みによってパルメザンチーズやオリーブオイルに赤トウガラシを漬けたピカンテオイル(辛味オイル)を用い、アクセントにすると良いです。 茹でて食べる場合は、塩やしょうゆ、味噌で味付けすると美味です。

【納期】
2〜8日以内に発送します。
50粒100粒300粒500粒1000粒3000粒
型番 AspergeSauvageSeed
販売価格
600円(税込648円)
購入数
オーダー
  • タカ
  • 2017/02/25 19:45:03
画像にひかれ
これは初めて知りました。美味しいかな?
  • hagi
  • 50代
  • 女性
  • 2017/01/27 08:15:20
よいショップに出会えました
この珍しい野菜を知ってぜひ育ててみたかったのですがこちらのショップでようやく種を見つけました。情報もあまりない野菜ですがHPに性質特徴育て方など詳しく載っていて助かります。他にも珍しい物がいろいろあるので今後も利用させていただきたいと思っています。